会員ログイン・登録

トップ > TOPICS

トピックス

第5回「自治体・公共 Week 2022」地方創生 EXPOにADFが出展

22 06 20 UP

NPO青山デザインフォーラム(ADF)は2022年6月29日(水)から2022年7月1日(金)まで東京ビッグサイトで開催される「第5回 自治体・公共Week 地方創生 EXPO」に出展いたします。当展示会は日本最大級260社が出展する展示会です。

詳しく読む

東京都庭園美術館 蜷川実花「瞬く光の庭」

22 06 20 UP

東京都庭園美術館では、2022年6月25日(土)から9月4日(日)までの間、「蜷川実花『瞬く光の庭』」を開催します。
本展に先立ち2018年より国内10か所を巡回した「蜷川実花展−虚構と現実の間に−」は、コロナ禍までを含む蜷川のキャリアを総覧するものでした。本展では、さらなる飛躍を期待される蜷川の最新作と、ほかに類を見ない東京都庭園美術館の建築空間との競演をお楽しみいただけます。蜷川が今、強く惹かれているという、光に溢れた色“光彩色”(こうさいしょく)の世界、夢かと見まがうかのような現実の一瞬を映し出す写真や、ダイナミックな映像インスタレーションによる、蜷川の新機軸となる「今」と「これから」にご期待ください。

会期:2022年6月25日(土)–9月4日(日)
開館時間:10:00–18:00*入館は閉館の30分前まで
休館日:毎週月曜日 ただし7月18日(月・祝)は開館、7月19日(火)は休館
会場:東京都庭園美術館 本館+新館
本展はオンラインによる事前予約制です。
特設サイト

詳しく読む

第41回 WA AWARDS 10+5+X エントリー受付開始

22 06 06 UP

World Architecture Community (WAC) は、第41回 WAアワード10+5+Xの応募受付を開始しました。世界中から革新的なプロジェクトの公募を募り、著名な建築家や学者、トップデザインのリーダー、またWAアワードの過去の受賞者やWACメンバーを含むスター審査団による審査をもとに受賞者を決定します。応募締切は、2022年7月8日(23:59 GMT)です。WACへの会員登録(無料)を済ませてからご応募ください。ADF(NPO青山デザインフォーラム)は、本年もメディアパートナーとしてWAアワードをサポートします。

詳しく読む

ARCHSTUDIOによるPIFOギャラリーの改修| 「光の漏斗」

22 06 20 UP

2009年に北京市の朝陽区に位置する798芸術区にオープンした「PIFOGALLERY」は、抽芸術を研究する中国における主要な施設です。10年以上の運営を経て、ARCHSTUDIOが改修を手がけ、将来の開発へ向けた取り組みを行う環境へと改築されました。

詳しく読む

あべのハルカス美術館 「出版120周年 ピーターラビット(TM)展」

22 06 14 UP

2022年7月2日(土)〜 9月4日(日)の期間、大阪・あべのハルカス美術館にて「出版120周年 ピーターラビット™展」を開催します。今なお世界中で愛され続けるいたずら好きなウサギ、ピーターラビット™。1902年にフレデリック・ウォーン社から刊行されたシリーズ第一作『ピーターラビットのおはなし』は、2022年の今年、出版120周年を迎えます。

本展は、そのメモリアルイヤーをお祝いし、ピーターラビットの誕生前夜から今日に至るまでの歩みを振り返る、盛大な バースデイパーティをテーマに開催します。

会期:2022年7月2日(土)〜 9月4日(日)
開館時間 火〜金/ 10:00〜20:00 月土日祝/ 10:00〜18:00(入館は閉館 30 分前まで)

会場:あべのハルカス美術館
(〒545-6016 大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス16F)

PETER RABBIT™& BEATRIX POTTER™© Frederick Warne & Co., 2022

詳しく読む

富山県美術館 「富山県美術館開館5周年記念 ミロ展―日本を夢みて」

22 06 06 UP

富山県美術館では、2022年7月16日(土曜日)〜9月4日(日曜日)の間、「富山県美術館開館5周年記念 ミロ展―日本を夢みて」を開催します。スペインのバルセロナで生まれた芸術家、ジュアン・ミロ(1893-1983)。20世紀を代表する巨匠としてその名は日本でも広く紹介されていますが、ミロが若い頃から日本に憧れ、日本文化に造詣が深かったことはあまり知られていません。一方日本でも、ミロの作品は1930年代から紹介され、1940年には単行書が世界に先駆けて刊行されるなど、早い時期から人々に親しまれてきました。また、ミロは1966年の初来日以来、富山県出身の詩人・美術評論家の瀧口修造と親交を深め、ふたりによる共作も手がけています。
本展は、ミロと日本の関係に注目した初となる展覧会です。スペイン、ニューヨーク、日本各地から集結するミロ作品、そしてアトリエに残された日本の民芸品や多彩な関連資料等を通じて、ミロ芸術と日本文化の意外なほどに深いつながりをご紹介します。

会期:2022年7月16日(土)〜9月4日(日)
開館時間:9:30〜18:00(入館は17:30まで)
休館日:毎週水曜日、7月19日(火)
会場: 富山県美術館2階 展示室2、3、4
料金など詳細は、右側の「詳しく読む」からご確認ください。

詳しく読む

ASA(タイ建築家協会)より毎月発刊 タイ建築の最新情報が掲載『ASAジャーナル』

22 05 31 UP

タイ建築家協会(Association of Siamese Architects Nationals)は、1934年に設立された、国内外で働くタイの建築家、建築学科の在校生・卒業生・講師や退職した建築家らからなる約3000人の会員で構成されるコミュニティです。彼らの「考え方」「見え方」「働き方」を感じられるような、魅力的な建築家の姿を届けたいというコンセプトのもと、この度ジャーナルASA Crew Journalが発刊されました。

詳しく読む

ADF、ミラノ建築家協会、GARDEがミラノデザインウィーク期間中に合同展示を開催

22 05 30 UP

NPO法人青山デザインフォーラム(ADF)が主催する世界のクリエーターやアーティストを対象とした国際デザインアワード「ADFミラノサローネデザインアワード2022」の最優秀賞受賞者の作品が、世界最大の家具・インテリアの見本市「ミラノサローネ」の開催時期に合わせて実施されるレセプションパーティーにて展示されます。アワードの審査員やメディア、イタリア企業に向けた作品のプレゼンテーションは、2022年6月8日(水)18時よりGARDE ITALY S.R.L.のショールームにて開催されます。

詳しく読む

タイ建築家協会|ASA エクスペリメンタル・デザイン・コンペティション2022 受賞作品発表

22 05 16 UP

ASAエクスペリメンタル・デザイン・コンペティション2022が受賞者の発表を行いました。タイ建築家協会が主催する本アワードは、空間の実用的な利用に焦点を当てたアイデア“CO-EXIST WITH CO-AREA”をテーマとし、コワーキングスペースが様々な形で表彰されました。NPO青山デザインフォーラム(ADF)は、パートナーとして2022年度も本アワードに協賛致しました。

詳しく読む

広島県立美術館 「春の所蔵作品展 美術を解剖!色・形・モチーフ」

22 05 30 UP

広島県立美術館では、令和4年4月21日(木)から「春の所蔵作品展 美術を解剖!色・形・モチーフ」を開催しています。「色」と「形」、「モチーフ」に注目!版画家・彫刻家の水船六洲の色彩、陶芸家・三代宮永東山の立体造形など、造形芸術の基本である「色」と「形」、「モチーフ」を通して美術の見方、楽しみ方を紹介します。

まず、昨秋に設置した「ウェルカムギャラリー」では広島ゆかりの代表的作家を取りそろえ、作品を展示替えしています。さらに4つの展示室では、「美術を解剖!色・形・モチーフ」をテーマとして、絵画や工芸作品の「色」と「形」、そして「モチーフ」に注目しつつ、造形芸術の見方や楽しみ方を御紹介します。
それぞれ、「モノクロームの世界に注目!マン・レイの写真を中心に」ではモノクローム(白黒、単色)の写真作品を、「色に注目!版画の色、いろいろ。」では作品ごとに異なる役割を担う“色”という要素に注目して、版画という技法の幅広さと奥深さを、「モチーフに注目!花鳥・人物・山水」では描かれている題材に注目して日本画の見方を、「形に注目!用途に即した形と何かを象徴した形」では形と素材を通じて、美術鑑賞のヒントを提案します。


会期:2022年4月21日(木)〜7月24日(日)
開館時間:9:00〜17:00
※金曜日は20:00まで
※入場は閉館30分前まで
休館日:月曜日
※特別展によっては会期中・祝日・振替休日を除く

会場:広島県立美術館 2階展示室

詳しく読む

角川武蔵野ミュージアム 岩合光昭写真展 「こねこ」「岩合光昭の世界ネコ歩き2」

22 05 30 UP

角川武蔵野ミュージアムでは、4階「エディット アンド アートギャラリー」にて、世界中をフィールドに活躍する動物写真家・岩合光昭さんの写真展を開催します。前半[6月18日(土)〜9月4日(日)]は無邪気で愛くるしい表情がたまらない「こねこ」を、後半[9月7日(水)〜11月27日(日)]ではいろいろな国のネコに出会える「岩合光昭の世界ネコ歩き2」をお楽しみください。

前半:岩合光昭写真展「こねこ」
会期:2022年6月18日(土)〜2022年9月4日(日)

後半:写真展「岩合光昭の世界ネコ歩き2」
会期:2022年9月7日(水)〜2022年11月27日(日)

開館時間:10:00〜18:00(金・土 10:00〜21:00) 最終入館:閉館の30分前
休館日:第1・3・5火曜日
会場:角川武蔵野ミュージアム4階 エディット アンド アートギャラリー

チケット価格(税込):KCMスタンダードチケット
オンライン購入 一般(大学生以上):1,200円/中高生:1,000円/小学生:800円/未就学児:無料
当日窓口購入 一般(大学生以上):1,400円/中高生:1,200円/小学生:1,000円/未就学児:無料
*休館日、開館時間は変更となる場合があります。最新情報は公式ウェブサイトでご確認ください。

お問い合わせ先:角川武蔵野ミュージアム
〒359-0023 埼玉県所沢市東所沢和田3-31-3 ところざわサクラタウン内

詳しく読む

東京都写真美術館 「岩合光昭写真展 PANTANAL パンタナール 清流がつむぐ動物たちの大湿原」

22 05 17 UP

公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都写真美術館は、2022年6月4日(土)〜2022年7月10日(日)の間、「岩合光昭写真展 PANTANAL」を開催します。本展は、世界的に著名な動物写真家・岩合光昭が世界最大級の湿地・パンタナールへ出向き、ジャガー、カピバラ、パラグアイカイマンをはじめ、多種多様な生き物たちの生態に肉薄した、氏の野生に迫る展覧会です。動物写真家としての真骨頂をあらためてご提示できる貴重な機会をどうぞお楽しみください。

会期:2022年6月4日(土)〜7月10日(日)《32日間》
休館日:毎週月曜日(月曜日が祝休日の場合は開館し、翌平日休館)
時間:10:00〜18:00(木・金は20:00まで)※入館は閉館30分前まで
会場:東京都写真美術館 地下1階展示室
主催:公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都写真美術館
企画協力:株式会社クレヴィス

詳しく読む

【ADF Web Magazine】東京・六本木に新たな文化拠点「Common」がグランドオープン

22 05 24 UP

東京・六本木の新たな文化拠点として、カフェ&ミュージックバーラウンジ「Common」が2022年5月26日(木)にグランドオープンします。若者たちの自由な思想、発想、表現が街の文化と風土をつくってきた六本木に、食や音楽、アートなどさまざまなカルチャーが行き交い、混ざり合う、街にもひとにも開かれた空間が創出されます。

詳しく読む

東京都美術館 「スコットランド国立美術館 THE GREATS 美の巨匠たち」

22 05 24 UP

東京都美術館では、2022年4月22日(金)〜7月3日(日)の間、「スコットランド国立美術館 THE GREATS 美の巨匠たち」を開催します。スコットランド国立美術館は、上質で幅広い、世界でも指折りの西洋絵画コレクションを有する美の殿堂です。1859年の開館以来、購入や地元名士たちの寄贈や寄託などによってコレクションの拡充を続け、世界最高峰の美術館の一つとなりました。
本展は、そのようなスコットランドが誇る至宝の中から、ラファエロ、エル・グレコ、ベラスケス、レンブラント、ブーシェ、スーラ、ルノワールなど、ルネサンス期から19世紀後半までの西洋絵画史を彩る巨匠たちの作品を展示します。ルネサンス期から19世紀後半までの西洋絵画史を彩る巨匠たちの作品やイングランドやスコットランド絵画の名品の数々をお楽しみください。

会期: 2022年4月22日(金)〜7月3日(日)
会場: 東京都美術館 企画展示室
休室日:月曜日(ただし5月2日は開室)
開室時間: 9:30〜17:30、金曜日は9:30〜20:00(入室は閉室の30分前まで)※夜間開室については展覧会公式サイトでご確認ください。
問い合わせ:050-5541-8600(ハローダイヤル)

日時指定予約制
※ご入場には事前予約が必要です。

詳しく読む

神奈川県立近代美術館 葉山 企画展「アレック・ソス Gathered Leaves」

22 05 23 UP

神奈川県立近代美術館 葉山では、2022年6月25日(土)〜10月10日(月・祝)の間、アメリカの現代写真を牽引するアレック・ソス(1969- )の日本の美術館初の個展「アレック・ソス Gathered Leaves」を開催します。ミネソタ州ミネアポリスを拠点に、緻密なコンセプトに基づいたプロジェクトとして国内外への旅を重ね、自然や人々をとらえたソスの作品は、ドキュメンタリー写真の手法を継承しながらも独自の詩的な静謐さを湛え、国際的に高い評価を得てきました。
初期の代表作〈Sleeping by the Mississippi〉から最新作の〈A Pound of Pictures〉まで、アメリカを題材とする5つのシリーズで構成される本展では、約80点の作品を紹介し、イメージとコンセプトの連関をそれぞれの光景に探ります。


会期 : 2022年6月25日(土)–10月10日(月・祝)
会場 : 神奈川県立近代美術館 葉山
開催時間 : 午前9時30分–午後5時(入館は午後4時30分まで)
開催時間 : 月曜日(7月18日、9月19日、 10月10日を除く)
主催 : 神奈川県立近代美術館 葉山
協力 : LOOCK Galerie, Berlin、twelvebooks
開催時間 :一般1,200円/20歳未満・学生1,050円/65歳以上600円/高校生100円

詳しく読む

ページのトップに戻る

ADF

member registration contact
  • Facebook
  • Twitter
  • Linkedin
  • Pinterest
  • Instagram