会員ログイン・登録

トップ > メディア事業 > アート・イベント

東京国立近代美術館 「重要文化財の秘密 問題作が傑作になるまで 」

東京国立近代美術館(東京・竹橋)は 1952年12月に開館し、2022年度は開館70周年にあたります。これを記念して、2023年3月17日(金)から 5月14日(日)まで、東京国立近代美術館 70周年記念展「重要文化財の秘密」を開催します。本展は、明治以降の絵画・彫刻・工芸のうち、重要文化財に指定された作品のみで展示構成される豪華な展覧会となります。とはいえ、ただの名品展ではありません。今でこそ、「傑作」の呼び声が高い作品も、発表された当初は、それまでにない新しい表現を打ち立てた「問題作」でもありました。そうした作品がどのような評価の変遷を経て、重要文化財に指定されるに至ったのかという美術史の秘密にも迫ります。「問題作」が「傑作」になるまでの歩みから浮かび上がる近代日本美術史の変遷をご紹介します。

会場:東京国立近代美術館1F企画展ギャラリー
会期:2023年3月17日(金)〜5月14日(日)
休館日:月曜日(ただし3月27日、5月1日、8日は開館)
開場時間:9:30−17:00(金曜・土曜は9:30−20:00)
*入館は閉館30分前まで
*本展会期中に限り9:30開館(ただし「MOMATコレクション」は10:00開場)
*入館は閉館30分前まで
アクセス:東京メトロ東西線「竹橋駅」1b出口徒歩3分

主催:東京国立近代美術館、毎日新聞社、日本経済新聞社
協賛:大伸社

画像: 高橋由一 《鮭》 重要文化財
  1877(明治10)年頃 東京藝術大学蔵 通期展示

詳しく読む

【ADF Web Magazine】中国の南海フィールド・アートにてノーマン・ムーニーの彫刻作品「バタフライ・エフェクト」と「ウィンドシード」が発表

中国南東部の佛山市南海区にある南海フィールド・アートは、西樵山やその周辺の小さな湖、村、市場などの原風景を取り入れたエコロジー・アートの複合施設です。「バタフライ・エフェクト」と「ウィンドシード」はここでデビューし、2022年11月18日から2023年2月19日まで展示されます。

詳しく読む

【ADF Web Magazine】NY ブルックリンの自然体験型プリスクール「ワンダーフォレスト」

ニューヨーク、ブルックリンの人気エリアのひとつ、プロスペクトハイツに2022年3月、自然体験型のプリスクール「ワンダーフォレスト」が誕生しました。2歳から4脚の子どもたちを対象に、屋外での自然教育を行う「ブルックリン・ネイチャー・デイズ」の自然体験学習プログラムを補完するサービスを提供する、ユニークなコンセプトの屋内スペースです。

詳しく読む

【ADF Web Magazine】AZアワード 2023が作品を募集

AZアワードは、建築・デザインのプロフェッショナルや学生にとって、自らの作品を世界に発信し、世界的な評価を得るまたとない機会を提供しています。また、今年はウェアラブル、ガジェット、スマートホーム、その他のテクノロジーデザイン製品など、まったく新しい技術製品部門を導入し、待望のAZアワード・ガラも復活しました。

詳しく読む

【ADF Web Magazine】優れた建築、インテリア、プロダクト、グラフィック、ファッションを讃える「インターナショナル・デザイン・アワード 2022」の受賞作品が発表

世界的なデザインアワードである「インターナショナル・デザイン・アワード(IDA)」が、2022年版の受賞者を発表しました。IDAは、建築、インテリア、プロダクト、グラフィック、ファッションの各分野における優れたデザインの先見性を認め、称え、促進し、新たな才能の発掘に努めています。このたび第16回を迎えたIDAには、世界中のデザイナーから過去最多数の作品が集まり、この権威あるアワードの最高賞受賞をかけて競い合いました。

詳しく読む

金沢21世紀美術館 「lab.5 ROUTINE RECORDS」

金沢21世紀美術館では、2022年10月1日(土)〜2023年3月21日(火・祝)の間、「lab.5ROUTINE RECORDS」を開催します。

本展は、金沢21世紀美術館デザインギャラリーを作品展示の場所としてだけでなく、調査・研究・実験の場として開きつつ、そのプロセスをプレゼンテーションすることを目的に2017年より始動した〈lab.〉(laboratoryの略)シリーズの第5弾です。

今回は、近年あらゆる分野を横断して福祉とアートの新しい可能性を試みる、気鋭の福祉実験ユニット「ヘラルボニー」の新プロジェクト「ROUTINE RECORDS」をご紹介します。金沢市内の特別支援学校や福祉施設、他県の福祉施設に通う知的障害のある人が習慣的に繰り返す、日常の行動(ルーティン)から生まれる音を丁寧に紡ぎ、音楽として届ける試みです。

会場では、個々の音の視聴コーナーや、ルーティン音をプロの音楽家が実験的に生成する楽曲の視聴、鑑賞者がルーティンによって生まれた音をリミックスし、新しい音楽を制作できるDJブースなどを設け、聴取した音が音楽となる創造的なプロセスを多角的に体験することができます。

会期:2022年10月1日(土)〜2023年3月21日(火・祝)
10:00〜18:00(金・土曜日は20:00まで)
会場:金沢21世紀美術館 デザインギャラリー
料金:無料
休場日:月曜日(ただし10月10日、31日、1月2日、9日は開場)、10月11日(火)、11月1日(火)、12月29日(木)〜1月1日(日)、1月4日(水)、10日(火)

詳しく読む

東京国立博物館 表慶館「横尾忠則 寒山百得」展

東京国立博物館 表慶館では2023年9月12日(火)〜12月3日(日)にかけて、「横尾忠則 寒山百得」展を開催します。

本展は、現代美術家・横尾忠則が「寒山拾得」を独自の解釈で再構築した「寒山拾得」シリーズの完全新作100点を一挙初公開するものです。テーマとなった寒山と拾得は、中国、唐の時代に生きた伝説上の詩僧で、その奇行ぶりから「風狂」ととらえられ、日本、中国では伝統的な画題となりました。

新型コロナウィルス感染症の流行の下、横尾は、寒山拾得が達した脱俗の境地のように、俗世から離れたアトリエで創作活動に勤しみ、描き出された寒山拾得からは、精神世界を縦横無尽に駆け巡り、まさに時空を超えためくるめく物語が紡ぎ出されています。

画家活動の最大のシリーズとなる100点の寒山拾得は百面相のように、観る人にさまざまな問いかけを投げかけることでしょう。

また関連企画として、本年9月12日(火)〜11月5日(日)、東京国立博物館本館特別1室にて、同館が所蔵する、中国、日本で描かれた「寒山拾得図」を一堂に集めた特集「東京国立博物館の寒山拾得図―伝説の風狂僧への憧れ―」が開催されます。どうぞご期待ください。

会期:令和5年(2023年)9月12日(火)〜12月3日(日)
※月曜休館、ただし9月18日(月・祝)、10月9日(月・祝)は開館、9月19日(火)、10月10日(火)は休館
開館時間:午前9時30分〜午後5時 ※入館は閉館の30分前まで
会場:東京国立博物館 表慶館
主催: 東京国立博物館、読売新聞社、文化庁

画像:横尾忠則《寒山百得 2022-12-01》2022年

詳しく読む

【ADF Web Magazine】中国・厦門 レマナークSAが設計したアモイ生命母子病院

2021年9月に完成したレマナークSA設計によるアモイ生命母子病院は、既存の厦門弘愛病院を増築したものです。病院の名前は理念にある意図に由来しており、「Hong'ai」は「愛を広める」という意味であり、居心地が良く、安全な雰囲気は利用者にとって全く新しい病院体験を提供します。

詳しく読む

【ADF Web Magazine】第24回インターナショナル・ガーデン・フェスティバル「ROOTS(ルーツ)」デザイナーが発表

インターナショナル・ガーデン・フェスティバルは、2023年6月24日から10月1日まで開催される第24回目の「ROOTS(ルーツ)」と題したプロジェクトの選考結果を発表しました。今年は同イベントのアーティスティック・ディレクターであるエヴ・ドゥ・ガリー=ラマンクが、過去の世代の教えをもとに、生態学的、経済的、文化的に責任のある現在と未来を想像するようデザイナーに呼びかけ、2022年には6万人近い人々がリフォードガーデンを訪れました。

詳しく読む

【ADF Web Magazine】チェルシーインターナショナルがメゾン・エ・オブジェ2023にてオリジナルブランド「ceceposya」を発表

チェルシーインターナショナルは、パリにて2023年1月19日から1月23日まで開催されるメゾン・エ・オブジェ2023年1月展に出展し、オリジナルブランド「ceceposya」を発表します。オリジナルブランド「ceceposya」は日本で作られた和紙や天然素材を中心とした布好きに向けたコレクションで、それぞれの産地の熟練の技と知恵を借りながら試作を進め、愛着のある美しい作品に仕上げています。

詳しく読む

【ADF Web Magazine】ウィーンの街を見下ろすシンプルなラグジュアリー空間「Penthouse O」

destilatデザインスタジオがインテリアデザインを手掛けた「Penthouse O」は、ウィーンの街を代表する景勝地カーレンベルグやドナウ川を一望できる屋上に、シンプルな美しさを追求したラグジュアリーな空間を創り上げています。2階建てのファミリーアパートは500屬旅さの長方形のフロアプラン。空間構造が互いに交錯しながら、両側の長いテラスに流れている。テラスの先には、プール、アウトドアキッチン、特注のプランター、そして灌漑システムを配備したルーフガーデンが広がり、日常に開放的かつ贅沢な要素をプラスしてくれます。

詳しく読む

【ADF Web Magazine】カナダ・モントリオール ヴィヴ・サン・ローランが手がけたDime本社ビル

インテリアデザイン会社のヴィヴ・サン・ローランがてがけた、モントリオールに拠点を置くDimeの本社を紹介します。このプロジェクトは倉庫の移転をかねて行われ、オフィスのインテリアデザインが刷新されました。Dimeは、ビデオの制作、アパレル ライン、有名ブランドとのコラボレーションを通じて、スケートボードコミュニティーの認知度向上など、多岐にわたって様々な活動に貢献しています。

詳しく読む

京都文化博物館 特別展「知の大冒険―東洋文庫 名品の煌めき―」

2023年2月21日(火)〜4月9日(日)の期間、京都文化博物館にて特別展「知の大冒険―東洋文庫 名品の煌めき―」が開催されます。
東洋文庫(東京都文京区)は、1924年に三菱の第三代社長・岩崎久彌によって設立された、東洋学分野でのアジア最大級の研究図書館であり、世界五大東洋学研究図書館の一つです。本展では、東洋文庫が有する約100万冊の蔵書の中から、国宝、重要文化財をはじめとする貴重な所蔵品約120件を展示します。教科書で見たことがある有名な書物や地図、絵画のほか、あまり知られていない文字や言語、服装、動植物など、まだ見ぬ新たな「知」との出会いが待つ東洋世界への冒険をぜひご堪能ください。

会期:2023年2月21日(火)〜4月9日(日)
会場:京都文化博物館(京都市中京区三条高倉)
開室時間:10:00〜18:00(金曜日は19:30まで)※入場はそれぞれ30分前まで※会期中に展示替えを行います
休館日:月曜日
主催:京都府、京都文化博物館、読売新聞社

詳しく読む

山口情報芸術センター[YCAM]『やまぐちアートコミュニケータープログラム2022:架空の学校「アルスコーレ」 オープンスコーレ「はじめての〇〇」』

山口情報芸術センター[YCAM]では、山口市中心市街地活性化推進室と協働して進める「アートでつなぐまちの活性化事業」の一環として現在実施中のアートや学びに関する人材育成プログラム「やまぐちアートコミュニケータープログラム2022:架空の学校『アルスコーレ』」の成果を発表するイベント「オープンスコーレ『はじめての○○(まるまる)』」を開催します。このプログラムでは、山口市中心市街地で学校を模した活動を展開しており、中心市街地で展示されている作品への理解を深めるためのイベントの企画制作や、空き店舗を活動拠点として改装するなど、多種多様な活動をおこなってきました。今回開催するこのイベントでは、プログラムを通じて実施してきた活動を対外的に紹介するとともに、「はじめて」をテーマに参加型のワークショップやレクチャーなどを実施します。
日常の余暇(スコーレ)を楽しむための技(アルス)を育む学びの場「架空の学校『アルスコーレ』」をご紹介する本イベントは、新しいことに挑戦する姿勢に触れ、知られざる街の魅力を発見する契機になるでしょう。ぜひこの機会にご参加ください。

画像:「オリジナルピクニックシートをつくろう!」
(撮影:塩見浩介)

詳しく読む

【ADF Web Magazine】中国・南昌市のフィッシュ・テイル・パにあるツレンスケープ社設計による「フローティング・フォレスト」

中国中東部の長江氾濫原にある南昌市では、ツレンスケープ社が126エーカーの荒廃した景観を夢のような浮遊林に変え、雨水の調整、野生生物の生息地、さまざまなレクリエーション機会を提供し、地域住民が自然とつながるための新しい方法を提供しています。そして、これら全てが新区にユニークなアイデンティティを与え、周辺地域の都市開発の触媒として機能しています。

詳しく読む

ページのトップに戻る

ADF

お問い合わせ 会員登録はこちら
  • Facebook
  • Twitter
  • Linkedin
  • Pinterest
  • Instagram