会員ログイン・登録

トップ > TOPICS

トピックス

将来のデザイン分野を担う学生・若手の活動を支援 「2024年度グッドデザイン・ニューホープ賞」 応募受付開始

24 03 18 UP

公益財団法人日本デザイン振興会(以下JDP)は、「2024年度グッドデザイン・ニューホープ賞」(GOOD DESIGN NEW HOPE AWARD 2024)の応募受付を3月15日(金)から開始します。

グッドデザイン・ニューホープ賞は、デザイナー、クリエイターを目指す各種専修専門学校・大学・大学院の学生や、卒業・修了後間もない若手クリエイターを対象としたデザイン賞です。
作品・プロジェクト・研究を審査・顕彰することにより、新たなクリエイティブ人材の発掘とキャリアアップを支援し、デザインを通じた新たな産業、および文化の発展に寄与することを目的として、2022年度からスタートしました。

長年にわたりJDPがグッドデザイン賞を通して社会へのデザインの浸透と啓発を担ってきた経験を踏まえ、新しい世代に特化したデザインの評価と振興のためのプログラムを設けることが、デザインの可能性をさらに広げるとともに、社会をよりよくしていく新たな力を生み出すことにつながると考え、グッドデザイン・ニューホープ賞を実施しています。
2023年度は日本全国から415件の応募が寄せられ、審査委員会による審査を経て最優秀賞1件、優秀賞7件を含む78件が受賞しました。

応募受付期間は3月15日(金)から8月15日(木)まで

応募要項など詳しくは、下方の「詳しく読む」より公式ウェブサイトにアクセスしてご覧ください。

詳しく読む

大阪中之島美術館 「没後30年 木下佳通代」

24 03 11 UP

2024年5月25日(土) 〜8月18日(日)の期間、大阪中之島美術館にて「没後30年 木下佳通代」が開催されます。
木下佳通代(1939 – 1994)は神戸を拠点に活躍した、関西の戦後美術を代表する美術家のひとりです。木下は京都市立美術大学(現 京都市立芸術大学)で学び、神戸市で美術教師として勤めたのち、1960年代末から「存在とは何か」をテーマに作家活動を本格化しました。活動初期は写真を用いた作品を制作し、若くして評価された木下は関西、東京、海外と活動場所を広げていきます。そして81年にドイツのハイデルベルクで個展を開催し、ヨーロッパでも高く評価されるようになります。海外での個展後の82年にこれまでの作風から離れ、抽象画を描くようになります。新たな作風で今後の活動も期待されるなか、90年のがん宣告によって木下の活動は変化していきます。病魔にむしばまれながらも「描きたい、描きたい、時間が欲しい」と制作を続けた木下は94年に55歳の若さで亡くなります。約30年間の作家活動で制作されたとされる1200点以上の作品は、関西各地の美術館などにコレクションされています。そのため国内で作品を展示されることはありましたが注目される機会は限られていました。2015年に海外の展覧会に出品されたことを契機に、現在海外でも再び注目を浴び始めています。本展は国内の美術館では初めての個展、そして作家 木下佳通代の過去最大規模の展覧会です。本展では彼女の初期の作品や代表作、そして燃え尽きる命を思わせる絶筆に至る木下の活動を一挙にご紹介します。

会期     2024年5月25日(土)〜 8月18日(日) 76日間
休館日    月曜日 *7/15(月・祝)、8/12(月・休)は開館
開場時間   10時 〜 17時(入場は16時30分まで)
観覧料    一般    1600円(1400円)
       高大生   1000円(800円)
       中学生以下 無料
       ※価格はすべて税込
       ※( )内は20名様以上の団体料金
会場     大阪中之島美術館 5階展示室
       (〒530-0005 大阪市北区中之島4-3-1)

詳しく読む

国立西洋美術館 企画展「ここは未来のアーティストたちが眠る部屋となりえてきたか?──国立西洋美術館65年目の自問|現代美術家たちへの問いかけ」

24 02 26 UP

国立西洋美術館では、2024年3月12日(火)〜5月12日(日)の期間中、企画展「ここは未来のアーティストたちが眠る部屋となりえてきたか?──国立西洋美術館65年目の自問|現代美術家たちへの問いかけ」が開催されます。
中世から20世紀にかけての西洋美術作品を収蔵・展示してきた国立西洋美術館。本展覧会は、1959年の開館以来初めての試みとなる、現代アーティストとの大々的なコラボレーションによる展覧会です。
国立西洋美術館の母体となった松方コレクションを築いた松方幸次郎は、日本の若い画家たちに本物の西洋美術を見せるため、膨大な数の美術品を収集しました。開館65年、館設立の原点を見つめ直し、館の未来を思い描くなかで生まれた問いかけ――。
「国立西洋美術館の展示室は、未来のアーティストたちが生まれ育つ空間となりえてきたか?」それは、国立西洋美術館の自問であると同時に、参加アーティストたちへの問いかけです。そして、展示室を訪れてくださるみなさんとともに考えたい問いにほかなりません。
国内外で活躍する現代アーティストたちが西洋美術館の所蔵作品からインスピレーションを得て制作した作品や、美術館という場所の意義を問い直す作品などを通して、アーティストたちが国立西洋美術館やそのコレクションにどう眼差しを向け、どのような問題を提起しているかをご覧いただきます。また、モネ、セザンヌ、ポロック…西洋美術史に名を刻むアーティストたちの作品約70点も展示。過去に生みだされた作品、現代に制作された作品を通じて館の新たな可能性を模索します。現代の、また未来のアートシーンを知るうえでも必見の展覧会です。

会期:2024年3月12日(火)〜5月12日(日)
会場:国立西洋美術館 企画展示室(東京都台東区上野公園7-7)
開館時間:9:30〜17:30(金・土曜日は9:30〜20:00)
※入館は閉館の30分前まで
お問合せ:050-5541-8600(ハローダイヤル)

画像:弓指寛治《ウエノさんのブルーシート小屋》2023年、アクリル、鉛筆/木製パネル、新聞紙、作家蔵

詳しく読む

アートギャラリー・美術館情報 - 2024年3月おすすめ展覧会

24 03 04 UP

2024年3月開催のアートギャラリー・美術館の展覧会をご紹介します。開催スケジュールのほか、展示作品などの詳細情報をお伝えします。なお、最新の開館情報については、各美術館・博物館のホームページなどご確認のうえ、ご来館ください。

詳しく読む

フランス キッチンショールーム デザイン情報

24 03 03 UP

GARDE様のご協力による海外レポートをお送りします!

ベルギーのキッチン&インテリアブランドObumexは、おしゃれな高級ブティック、美しい街並み、にぎやかなカフェで有名なパリのサンジェルマン・デ・プレ地区にフラッグシップブティックをオープンした。このブティックは従来のショールームの概念を超え、顧客がObumexのデザインチームと積極的に交流できる拠点となることを目指している。1960年に設立されたベルギーのこのスタジオは、耐久性のある個性的なキッチンとトータルファニッシングで、建築家や個人から高い評価を得ている。Joseph DirandやBruno Moinard、 Gilles & Boisier、Grégoire de Laforrestなど、著名なデザインスタジオや著名なフランス人建築家とのコラボレーションにより、国際的な評価を得ている。現在は店頭販売だけでなくロンドン、チェルシー、ニューヨークを含む国際的な住宅プロジェクトにも携わっている。

詳しく読む

「ADFデザインアワード2024」審査結果発表

24 02 28 UP

ADF Design Award 2024の審査結果を発表させていただきます。

下記の「詳しく読む」からご覧ください。

詳しく読む

埼玉県立近代美術館 企画展「アブソリュート・チェアーズ」

24 02 27 UP

埼玉県立近代美術館では、2024年2月17日(土)から5月12日(日)まで、企画展「アブソリュート・チェアーズ」を開催します。埼玉県立近代美術館は「椅子の美術館」として知られ、デザイン椅子に関する事業に積極的に取り組んできました。本展では、従来とは視点を変えて、現代美術のなかの椅子の表現に着目し、椅子という身近な存在がもつ多様な意味を読み解きます。

会期:2024年2月17日(土)〜5月12日(日)
休館日:月曜日(ただし、4月29日、5月6日は開館)
開館時間:10:00〜17:30(展示室への入場は17:00まで)
観覧料:一般1300円(1040円)、大高生1040円(830円)

※()内は20名以上の団体料金
※中学生以下は無料
※障害者手帳等をご提示の方(付き添いの方1名を含む)は無料
※企画展観覧券(ぐるっとパスを除く)をお持ちの方は、併せてMOMASコレクション(1階展示室)もご覧いただけます。

宮永愛子《waiting for awakening -chair-》
2017 写真:木奥恵三
「宮永愛子: 漕法」展示風景(高松市美術館、
香川、2019) ©️MIYANAGA Aiko Courtesy of Mizuma Art Gallery

詳しく読む

企画展 「君があまりにも綺麗すぎて―福田コレクションの美人画―」

24 02 27 UP

2024年初夏、福田美術館は、近接する嵯峨嵐山文華館との共催で、珠玉の美人画コレクションを一挙公開します。日本では江戸時代に「美人画」というジャンルが生まれました。洗練された衣装や優れた着こなしを絵画として愛でる文化が広まり、浮世絵師たちが描いた作品を多くの人々が求めました。近代に入ると、展覧会の場でも美人画が重視されるようになり、日本画家たちが理想の美人画を追求し、作品は美しく、麗しく妍(けん)を競う時代が訪れます。画家たちの琴線に触れた実在のモデルを描いたものから、非実在の物語の登場人物に想いを馳せて表現したもの、さらには、記憶の中の美人を理想的な形で再現したものなど、美人画には多種多様な着想や表現をまとって私たちを惹きつけてやまない不思議な魅力があります。その尽きせぬ魅力の源こそ、「君があまりにも綺麗すぎて」という画家たちの想いにほかなりません。本展では、これをキーワードとして、福田コレクションの中から選りすぐった近世から近代にかけての約190人の美人たちを一堂に集め、その魅力に迫ります。福田美術館では2021年以来約3年ぶりとなる美人画展です。容貌だけでなく、服飾品や背景に至るまで、画家たちがすべてにこだわって描いた美の世界をお楽しみください。

■ 企画展名: 「君があまりにも綺麗すぎて―福田コレクションの美人画―」
■ 会  期:  2024年4月19日(金)〜7月1日(月)
<前期>4月19日(金)〜5月27日(月)
<後期>5月29日(水)〜7月1日(月)
■開館時間: 10:00〜17:00(最終入館 16:30)
■ 休  館: 5月28日(火)展示替え、6月18日(火)設備点検
■ 主  催: 福田美術館、嵯峨嵐山文華館


◯ 第1会場/嵯峨嵐山文華館
〒616-8385 京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町11
JR山陰本線(嵯峨野線)「嵯峨嵐山駅」下車徒歩14分/阪急嵐山線「嵐山駅」下車徒歩13分
嵐電(京福電鉄)「嵐山駅」下車徒歩5分

◯ 第2会場/福田美術館
〒616-8385 京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町3-16
JR山陰本線(嵯峨野線)「嵯峨嵐山駅」下車徒歩12分
阪急嵐山線「嵐山駅」下車徒歩11分
嵐電(京福電鉄)「嵐山駅」下車徒歩4分


画像:甲斐庄楠音《娘道成寺》20世紀 通期展示
福田美術館蔵

下方の「詳しく読む」は福田美術館のHPへジャンプします。

詳しく読む

金沢21世紀美術館 「DXP―次のインターフェースへ」

24 02 27 UP

2023年12月22日(金)に開催予定だった「D X P ―次のインターフェースへ」 関連プログラム『Web3.0 × Art × Business』は大雪により延期しておりましたが、開催日程が2024年3月9日(土)14:00-16:00に変更となりました。
また、会場は金沢21世紀美術館レクチャーホールに変更となりました。

概要

Web3.0のもと、アートはどう変わっていくのか?アートとビジネスの関係はどう変わっていくのか?について語り合います。

DXP展はテクノロジーとアートの交差を多角的に考察する展覧会です。そのなかでも「Web3.0」という概念に、今回のトークイベントは着目します。Web3.0はブロックチェーン技術を利用した分散的なインターネットのあり方です。これにより「所有」の概念が刷新され、ビジネスの世界、ひいてはアートの世界においても「NFTアート」といった形で大きな影響を与えています。アートとビジネスがWeb3.0という概念によってどう変化していくのかーー今回のトークではキュレーターやアーティスト、ビジネスコンサルタントらがそれぞれの実践をWeb3.0というレンズを通して発表し、その後ディスカッションを行います。
申込方法
下記参加応募フォームにて申込

WEBお申し込みフォーム
登壇者
スプツニ子!(アーティスト、DXP展出展作家)
永井希依彦(デロイトトーマツグループ)
長谷川祐子(金沢21世紀美術館館長)
睫斃掘紛眤21世紀美術館アシスタント・キュレーター)
関連リンク

D X P (デジタル・トランスフォーメーション・プラネット) ―次のインターフェースへ


日程・会場変更に伴い、以前ご予約いただいた方も再度予約フォームでの申し込みをお願いいたします。

詳しく読む

大阪中之島美術館 「没後50年 福田平八郎」

24 02 26 UP

大阪中之島美術館は、近代京都画壇の巨匠・福田平八郎の大回顧展「没後50年 福田平八郎」を、2024年3月9日(土)〜5月6日(月・休)の会期で開催します。本展は、関西では17年ぶり、大阪の美術館で初めてとなる福田平八郎の大規模な回顧展です。初期から晩年までの優品が一堂に揃うほか、瑞々しい感動が詰まったスケッチ類の展示など創作の秘密にも迫ります。


会期:2024年3月9日[土]〜5月6日[月・休]
前期=4月7日[日]まで
後期=4月9日[火]から
*会期中に展示替えがあります
会場:大阪中之島美術館4階展示室
休館日:月曜日(ただし4月1日、4月15日、
4月22日、4月29日、5月6日は開館)
開場時間:10:00〜18:00(入場は17:30まで)
観覧料 一般  1800円(前売・団体 1600円)
高大生 1000円(前売・団体 800円)
中学生以下 無料
詳しくは下方の「詳しく読む」からご覧ください(大阪中之島美術館HPへジャンプします)

※前売り券は、3月8日まで販売

詳しく読む

東京都美術館 「デ・キリコ展」

24 02 25 UP

東京都美術館では、2024年4月27日(土)から8月29日(木)まで、「デ・キリコ展」を開催します。20世紀を代表する巨匠の一人、ジョルジョ・デ・キリコ(1888-1978)。彼が1910年頃から描き始めた「形而上絵画」(幻想的な風景や静物によって非日常的な世界を表現する絵画)は、数多くの芸術家や国際的な芸術運動に大きな影響を与えました。
本展では、デ・キリコのおよそ70年にわたる画業を「イタリア広場」「形而上的室内」「マヌカン」などのテーマに分け、初期から晩年までの作品を余すところなく紹介。デ・キリコが描いた世界をたどる、日本では10年ぶりの大規模な個展となります。

会期:2024 年 4 月 27 日[土]〜8 月 29 日[木]
休 室 日 :月曜日、5 月 7 日[火]、7 月 9 日[火]〜16 日[火]
※ただし、4 月 29 日[月・祝]、5 月 6 日[月・休]、7 月 8 日[月]、8 月 12 日[月・休]は開室
開室時間 :9:30〜17:30、金曜日は 20:00 まで(入室は閉室の 30 分前まで)
会 場 :東京都美術館
主 催 :公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都美術館、 朝日新聞社

詳しく読む

東京都写真美術館 「TOPコレクション 時間旅行 - 千二百箇月の過去とかんずる方角から」展

24 02 20 UP

東京都写真美術館では2024年4月4日(木)から7月7日(日)の間、「TOPコレクション 時間旅行 - 千二百箇月の過去とかんずる方角から」展を開催します。本展は、百年前である1924年を出発点として、「1924年-大正13年」「昭和モダン街」「かつて、ここで」「20世紀の旅」「時空の旅」の5つのセクションに分け、37,000点を超える当館収蔵の写真・映像作品、資料を中心に紹介します。副題「千二百箇月の過去とかんずる方角から」は、今から100年前に刊行された、詩人・童話作家、宮沢賢治の『心象スケッチ春と修羅』(1924[大正13]年)の序文に由来します。本展ではまた、当館のコレクションに加えて、国立工芸館、東京都江戸東京博物館およびサッポロビール株式会社の協力により、大正時代から昭和初期に制作された作品および資料を多数紹介することで、「100年前の世界」を多層的に体感いただけます。

会期:2024年4月4日(木)〜7月7日(日)83日間
会場:東京都写真美術館 3階展示室
開館時間:10:00〜18:00(木・金曜は20:00まで。入館は閉館の30分前まで。)
入場料:一般 700円/学生 560円/中高生・65歳以上 350円
主催:東京都、公益財団法人東京都歴史文化財団 東京都写真美術館
画像:黒岩保美《D51 488 山手貨物線(恵比寿)》1953年 ゼラチンシルバープリント 東京都写真美術館蔵

詳しく読む

森美術館「シアスター・ゲイツ展:アフロ民藝」

24 02 20 UP

森美術館では「シアスター・ゲイツ展」を2024年4月24日(水)から9月1日(日)まで開催します。米国シカゴのサウスサイド地区を拠点に国際的に活躍するシアスター・ゲイツ(1973年シカゴ生まれ)は、彫刻と陶芸作品を中心に、建築、音楽、パフォーマンス、ファッション、デザインなど、メディアやジャンルを横断する活動で知られています。本展はゲイツにとって日本初、そしてアジア最大規模の個展となります。これまでの代表作のみならず、本展のための新作を含む、日本文化に関係の深い作品も紹介します。自身の創作の原点ともいうべき、愛知県常滑市で制作した陶芸作品やプロジェクトから、日本の民藝運動と黒人文化の美学を融合するゲイツ独自の哲学である「アフロ民藝」まで、多岐にわたる作品と活動を幅広く展示します。どうぞお楽しみください。

会期:2024年4月24日(水)−2024年9月1日(日)
会場:森美術館(東京都港区六本木6-10-1六本木ヒルズ森タワー53階)
開館時間:10:00-22:00(火曜日のみ17:00まで、ただし4月30日[火]、8月13日[火]は22:00まで)
*入館は閉館時間の30分前まで*会期中無休

画像:シアスター・ゲイツ
《ストーニー・アイランド・アーツ・バンク》(内観)
2012年-
撮影:トム・ハリス
画像提供:ホワイト・キューブ

Theaster Gates
Stony Island Arts Bank (interior)
2012-
Photo: Tom Harris
Photo courtesy: White Cube

詳しく読む

国立国際美術館 「コレクション2 身体---身体」

24 01 29 UP

国立国際美術館では、2024年2月6日(火)から5月6日(月・休)まで、「身体」をテーマとするコレクション展を開催します。「身体」は、作者/モデル/鑑賞者の身体、表象される身体、ヌード、肖像画や自画像など、表現およびその行為と切り離せない主題、問題であり続けてきました。また、現代社会においては、他者との関係や権力関係の下で闘争の場となる身体、身体的境界線、身体と規範、身体と性、生と死をめぐる問題も繰り返し浮上しています。2023年度のコレクション2は「身体———身体」と題し、20、21世紀を代表する美術家であるルイーズ・ブルジョワの作品《カップル》(1996年)を国内初公開するとともに、ブブ・ド・ラ・マドレーヌのインスタレーション、石川真生の写真、鷹野隆大の写真、加藤泉の絵画など近年の新収蔵品を含む所蔵品をご紹介します。

会期|2024年2月6日(火)- 5月6日(月・休)
会場|国立国際美術館 地下2階展示室(〒530-0005 大阪市北区中之島4-2-55)
開館時間|10:00 - 17:00、金曜・土曜は20:00まで ※入場は閉館の30分前まで
休館日|月曜日(ただし、2月12日(月・休)、4月29日(月・祝)、5月6日(月・休)は開館し、2月13日(火)は休館)

詳しく読む

水戸芸術館 企画展「須藤玲子:NUNOの布づくり」

23 12 18 UP

水戸芸術館現代美術ギャラリーでは、2024年2月17日(土)から企画展「須藤玲子:NUNOの布づくり」が開催されます。テキスタイルデザイナー須藤玲子とNUNOの活動を包括的に伝える大規模個展です。須藤氏は日本の伝統的な染織技術と現代の先端技術を組み合わせ、従来にない素材をテキスタイルに取り入れ、また産業の持続可能性にも目を向けるなど、テキスタイルデザインの分野において、NUNOは世界の第一線を走り続けてきました。本展では、日本各地の職人、工場との協働作業や、素材の可能性を広げるその取り組みについて、普段は見ることのできない布づくりの舞台裏を豊富な資料やマルチメディア・インスタレーションで展観します。NUNOの活動を包括的に伝える展示内容に加え、水戸芸術館の空間を活かした大型インスタレーションを展開し、見る人の楽しい気持ちや好奇心をくすぐる、テキスタイルのもつ多彩な可能性に注目します。
本展「須藤玲子:NUNOの布づくり」は、2019年に香港のCHAT(Centre for Heritage, Arts and Textile)で企画・開催され、その後ヨーロッパ各地を巡回しました。日本国内では丸亀市猪熊弦一郎現代美術館に次いで、須藤とゆかりのある茨城県の水戸芸術館現代美術ギャラリーへと巡回します。

【展覧会概要】
展覧会名:須藤玲子:NUNOの布づくり
会  期:2024年2月17日(土)〜5月6日(月・振休)
開場時間:10:00〜18:00(入場は17:30まで)
会  場:水戸芸術館現代美術ギャラリー、広場

画像:須藤玲子&アドリアン・ガルデール《こいのぼり》2008/2019(部分)
展示風景:「Sudo Reiko: Making NUNO Textiles」CHAT(Centre for Heritage, Arts and Textile)Hong Kong、2019-2020
©CHAT(Centre for Heritage, Arts and Textile) Hong Kong

詳しく読む

ページのトップに戻る

ADF

member registration contact
  • Facebook
  • Twitter
  • Linkedin
  • Pinterest
  • Instagram