会員ログイン・登録

トップ > TOPICS

トピックス

パリ ミュージアム・リテールストア デザイン情報

23 07 24 UP

GARDE様のご協力による海外レポートをお送りします!

改修工事を経てリニューアルオープンした国立移民史博物館。オープン以来フランスの移民に関する資料収集、保管、展示公開を行ってきた。工事を経て、歴史だけではなく、移民に関連した現代の問題や疑問に答える教育的なアプローチが加わり、最新のデジタルツールも導入された。
オペラ地区にショコラティエJade Geninの初の路面店がオープン。店内は氷と炎をイメージした輝く白と温かみのあるゴールドの2色で構成されている。マットなゴールドの什器が、コーリアンやガラス素材が生み出す純化された側面を打ち破り、贅沢さと温もりを空間に与える。

詳しく読む

「Infinity Ground ー タイ・台湾現代建築展」がバンコク芸術文化センター(BACC)で開催

23 07 18 UP

バンコク・アート&カルチャーセンター(BACC)にて建築展「Infinity Ground - タイ・台湾現代建築展」が2023年7月18日から8月6日まで開催されます。シャム建築家協会の展覧会責任者であるJenchieh Hungおよび HAS Design & Research の共同創設者兼主任建築家である Kulthida Songkittipakdeeによるキュレーションです。NPO法人青山デザインフォーラム(ADF)はメディアパートナーとして本展をサポートします。

詳しく読む

国際的な建築・インテリアデザインの展示会「ARCHIDEX 2023」がマレーシアにて開催〜建築家、業界大手、主要ブランドが団結〜

23 07 11 UP

ARCHIDEXは2000年に創設され、業界のプロフェッショナルと世界クラスの建築家や影響力のあるスピーカーらとを繋ぐ場や機会を提供し続けてきました。アジアで最も重要な建築ビジネスイベントへと進化したARCHIDEXの第22回目のイベント「ARCHIDEX 2023」が、2023年7月26日から29日までマレーシアのクアラルンプールコンベンションセンターにて開催されます。NPO青山デザインフォーラム(ADF)は、メディアパートナーとしてこのイベントをサポートします。

詳しく読む

アートギャラリー・美術館情報 - 2023年7月おすすめ展覧会

23 07 04 UP

2023年7月開催のアートギャラリー・美術館の展覧会をご紹介します。開催スケジュールのほか、展示作品などの詳細情報をお伝えします。なお、最新の開館情報については、各美術館・博物館のホームページなどご確認のうえ、ご来館ください。

詳しく読む

京都国立近代美術館 開館60周年記念「京都画壇の青春―栖鳳、松園につづく新世代たち」

23 07 04 UP

2023年10月13日(金)〜12月10日(日)の期間、京都国立近代美術館にて、開館60周年記念「京都画壇の青春―栖鳳、松園につづく新世代たち」が開催されます。常に画壇の中心であった京都も明治に入ると、東京奠都、西欧化により、受け継いできた伝統や威信がゆるがされ、土田麦僊、小野竹喬、野長瀬晩花、岡本神草など新世代の画家達は、まだ誰も見たことのない日本画を創造しようと、竹内栖鳳、上村松園などの先輩画家たちとともに試行錯誤しました。

京都国立近代美術館の開館60周年を記念する本展では、明治末から昭和初めにかけて、京都画壇の画家たちが一丸となり、迷い、もがいた時代の、時に荒ぶり、過剰で、愛おしい作品をご堪能いただきます。どうぞご期待ください。

会期:2023年10月13日(金)〜12月10日(日)
休館日:月曜日
会場:京都国立近代美術館[〒606-8344 京都市左京区岡崎円勝寺町26-1]
開館時間:午前10時〜午後6時(金曜日は午後8時まで夜間開館)※入館は閉館の30分前まで
主催:京都国立近代美術館、NHK京都放送局、NHKエンタープライズ近畿、読売新聞社
協賛:非破壊検査

詳しく読む

東京都写真美術館 「田沼武能 人間讃歌」展

23 06 27 UP

東京都写真美術館では2023年6月2日(金)より7月30日(日)まで、企画展「田沼武能 人間讃歌」を開催します。田沼武能は、写真家・木村伊兵衛に師事し、月刊誌『芸術新潮』の嘱託写真家として芸術家や文化人を撮影、その後はタイム・ライフ社の契約写真家となるなど、フォトジャーナリズムの世界で華々しい活躍を展開し、2022年6月に93歳で急逝しました。1972年からはライフワークとして世界の子供たちを撮影、生涯で130を超える国と地域に足を運びました。常にヒューマニスティックな視点で人間のドラマを描き続けてきた田沼武能の魅力あふれる写真家人生を辿ります。

開催期間:2023年6月2日(金)〜7月30日(日)
休館日:毎週月曜日(ただし7/17[月・祝]は開館、翌7/18[火]休館)
会場:東京都写真美術館 地下1階展示室
画像:《家族全員でトラクターに乗って、チリ、サンチャゴ郊外》 1976年 田沼武能写真事務所蔵

詳しく読む

山口情報芸術センター[YCAM] 「許家維+張碩尹+鄭先喩 浪のしたにも都のさぶらふぞ」

23 06 26 UP

山口情報芸術センター[YCAM]では、台湾を拠点に活躍する3人のアーティストの新作を発表する展覧会「許家維+張碩尹+鄭先喻 浪のしたにも都のさぶらふぞ」が開催されています。
台湾を拠点に活躍する許家維(シュウ・ジャウェイ)、張碩尹(チャン・ティントン)、鄭先喻(チェン・シェンユゥ)の新作を発表する展覧会です。この3人は、それぞれ台湾の主要な美術賞を受賞し、海外の国際展にも招聘されて国際的にも注目を集めているアーティストです。近年は、共同で、日本統治時代の台湾における砂糖産業を起点に、台湾と日本の歴史的関係や近代化の記憶を辿るプロジェクトをおこなっています。北九州の門司および門司港を舞台に、人形浄瑠璃とCGアニメーションを組み合わせ、映像とライブパフォーマンスからなる作品を制作・発表します。

開催日時:2023年6月3日(土)〜9月3日(日) 10:00〜19:00
会場:山口情報芸術センター[YCAM]スタジオA
入場無料

<画像>
撮影:山中慎太郎(Qsyum!)

詳しく読む

山口情報芸術センター[YCAM] 「真夏の夜の星空上映会 2023」

23 06 26 UP

山口情報芸術センター[YCAM]では、隣接する山口市中央公園で映画鑑賞をおこなう毎年恒例の上映イベント「真夏の夜の星空上映会2023」を開催します。
このイベントは、2005年から毎年夏に開催しているもので、多彩なジャンルの映画を上映することから、親子連れからお年寄りまで多くの方々が来場し、YCAMの「夏の風物詩」として、大きな賑わいを見せています。 今年は4日間に渡って4本の映画を上映します。
10日(木)は芥川賞作家・今村夏子のデビュー小説を映画化した「こちらあみ子」、11日(金・祝)は演出家・松本雄吉が率いた演劇集団・維新派の台湾での公演を捉えた「アマハラ」、12日(土)は大ヒットミュージカルアニメの続編「SING/シング:ネクストステージ」(日本語吹き替え版)、13日(日)は大ヒットアドベンチャーの完結編「ジュラシック・ワール ド/新たなる支配者」(日本語吹き替え版)。いずれも幅広くお楽しみいただける作品たちです。 どうぞお楽しみください。

上映作品上映日程
こちらあみ子
8月10日(木) 19:30〜21:14

アマハラ 台湾公演
8月11日(金) 19:30〜21:39

SING/シング:ネクストステージ 日本語吹き替え版
8月12日(土) 19:30〜21:21

ジュラシック・ワールド/新たなる支配者 日本語吹き替え版
8月13日(日) 19:30〜21:57

詳しく読む

山口情報芸術センター[YCAM] Audio Base Camp #2

23 06 26 UP

山口情報芸術センター[YCAM]では、高品質な大音量の中でレコードやCDなどの録音物を聴取するリスニングイベント「Audio Base Camp(オーディ オ・ベース・キャンプ)#2」を開催します。
Audio Base Campは、国内でも最高レベルの音響環境と言われるYCAMのスタジオAに、ライブ・コンサート向けの大規模かつ高品質なスピーカーをセッティングし、特定のテーマに沿った録音物を楽しむイベントで、今回が昨年に続いて2回目の開催となります。アーティストでサウンドエンジニアの大城真を監修に迎え、研究者やアーティスト、ミュージシャンなどさまざまな専門家が、自作の楽曲や、フィールドレコーディング、アンビエント音楽といったテー マに応じて多種多様な録音物を紹介します。またレコードに造詣の深い「目利き」とも言えるDJたちによるDJプログラムも開催します。どうぞお楽しみください。

開催日時:2023年9月22日(金)〜24日(日)
会場:スタジオA
発売日:7月1日(土)10時〜
申込み・チケット情報は、下記の「詳しく読む」の当該ウェブサイトからご覧ください。

詳しく読む

宝犹堽文化芸術センター 「眦銚治のミクロコスモス劇場展―粘菌と胞子がつむぐ物語―」

23 06 20 UP

宝犹堽文化芸術センター(兵庫県宝犹圈砲蓮粘菌を使用したアート作品約1,400点が勢ぞろいする展覧会「眦銚治のミクロコスモス劇場展―粘菌と胞子がつむぐ物語―」を7月29日(土)から9月3日(日)の会期で開催します。本展は、庭園をはじめとする土壌のエッセンスである地中の菌類の世界を紹介し同センターの特色である 《アート》と《ガーデン》という、異なるふたつの世界を繋ぎます。粘菌や胞子がつむぐミクロの世界を、アート作品として昇華し、表現されたかたちでご覧いただく展覧会です。
会期:2023年7月29日(土)〜9月3日(日)
休館日:毎週水曜日
開館時間:10:00〜18:00(入場は17:30まで)
会場:宝犹堽文化芸術センター 2階メインギャラリー
(〒665-0844 兵庫県宝犹塢雜棒酊7-64)
入場料:一般(高校生以上)1,000円

画像:《大体を観る・知る》 2023年 (全体) 撮影:増田好郎

詳しく読む

国際的な建築・インテリアデザインの展示会「ARCHIDEX 2023」がマレーシアにて開催

23 06 20 UP

ARCHIDEXは2000年に創設され、業界のプロフェッショナルと世界クラスの建築家や影響力のあるスピーカーらとを繋ぐ場や機会を提供し続けてきました。アジアで最も重要な建築ビジネスイベントへと進化したARCHIDEXの第22回目のイベント「ARCHIDEX 2023」が、2023年7月26日から29日までマレーシアのクアラルンプールコンベンションセンターにて開催されます。NPO青山デザインフォーラム(ADF)は、メディアパートナーとしてこのイベントをサポートします。

詳しく読む

金沢21世紀美術館 「アペルト18 顧剣亨 陰/残像」

23 06 20 UP

金沢21世紀美術館では2023年4月8日(土)〜9月18日(月・祝)の期間中「アペルト18 顧剣亨 陰/残像」が開催されます。
顧剣亨は1994年京都生まれ、上海育ち。「デジタルウィービング」という複数の写真の時空間を編み込む独自の手法によって、まるで織物のような写真作品を生み出し、イメージの背後に潜在している文脈を表現します。本展では、中国・福建省の原始林や沖縄のやんばるなどの各地の森を高解像度カメラで撮影した大型の新作シリーズが紹介されます。人間には処理しきれないイメージの密度を持つ顧の作品は、パンデミック以降ますます加速する大量の視覚情報の中でまひしている現代の鑑賞者の感性に、自然の持つ多時間性・多言語性・多場所性を通して、変化をもたらすでしょう。どうぞお楽しみください。

期間:2023年4月8日(土)〜9月18日(月・祝)
10:00〜18:00(金・土曜日は20:00まで)
会場:金沢21世紀美術館 長期インスタレーションルーム
料金:無料

画像:顧剣亨《Mori, Shades_dw_001》(部分) 2023
© Kenryou Gu
courtesy of Yumiko Chiba Associates

詳しく読む

金沢21世紀美術館 「虚影蜃光 ー Shell of Phantom Light」

23 06 20 UP

金沢21世紀美術館では2023年4月8日(土)〜9月18日(月・祝)の期間にて「虚影蜃光 ー Shell of Phantom Light」を開催します。
金沢美術工芸大学と金沢卯辰山工芸工房で漆芸の技術を磨いた池田晃将は、伝統的な工芸に見られる器型で、近未来的な世界観を体現する作品を発表しています。幼少期から親しんできた漫画、アニメーション、ゲームなどから着想を得た螺鈿の構造色を活かした作品には、ホログラムのような立体感と電気信号が高速で移動するような疾走感があります。本展のタイトルにある光と影は自然界を生きる貝のもたらす妖しい輝きと黒の漆のコントラストから生まれる作風を、生物工学的なイメージやデザインワークまで拡張できると捉えたものです。この機会にどうぞお楽しみください。

期間:2023年4月8日(土)〜9月18日(月・祝)
10:00〜18:00(金・土曜日は20:00まで)
会場:金沢21世紀美術館 デザインギャラリー
料金:無料

画像:池田晃将《電光無量無辺香合》(部分)2021
個人蔵
H1.4×W5.6×D5.6 cm
漆、鮑貝、夜光貝、金 / 木曽檜
撮影:中川暁文

詳しく読む

金沢21世紀美術館 「Alex Da Corte Fresh Hell アレックス・ダ・コルテ 新鮮な地獄」

23 06 20 UP

金沢21世紀美術館では、2023年4月29日(土・祝)〜9月18日(月・祝)の間、「Alex Da Corte Fresh Hell アレックス・ダ・コルテ 新鮮な地獄」を開催します。
アレックス・ダ・コルテは、自分にとってなじみ深いと感じるオブジェやアイコンと戯れながら、それらの本来の意味を解体/再構築する作品で知られる作家です。テレビ、映画、コミック、アニメーションなどを中心に大衆文化や消費文化、美術史、デザインなど、様々なソースからインスピレーションを得る点に特徴があり、映像、彫刻、絵画、インスタレーションなど多様なメディアを駆使しながら、アメリカ中産階級の視覚文化をサンプリングしています。
どの手法においても鮮やかな色彩と形にこだわりが見られ、見慣れたモチーフも美術史に関する広範な知識と繊細で独特な感性によって、濃厚で優美なアッサンブラージュとなります。人々を誘引する魅力がある一方で、孤独や不安といった、言葉に出来ない人間の情感にも訴え、理性的に整理された領域でなく、奇妙な妄想の世界で人々を踊らせるような魅力をまといます。
アジアの美術館で初めてとなるアレックス・ダ・コルテによる本展覧会では、最近作を含めた全11点の映像インスタレーション作品などを紹介します。

会期:2023年4月29日(土・祝)〜9月18日(月・祝)
休場日:月曜日(ただし7月17日、9月18日は開場)、5月14日、7月18日
開場時間:10:00〜18:00(金・土曜日は20:00まで)
※観覧券販売は閉場の30分前まで
会場:金沢21世紀美術館 展示室7〜12、14
日時指定ウェブチケット販売開始日:2023年4月8日(土)10:00〜
日時指定ウェブチケット購入方法:ウェブサイト(https://www.kanazawa21.jp)よりご購入いただけます。

画像:アレックス・ダ・コルテ《ゴム製鉛筆の悪魔》2019
© Alex Da Corte studio

詳しく読む

国立国際美術館 「ホーム・スイート・ホーム」

23 06 19 UP

国立国際美術館では、「ホーム・スイート・ホーム」を2023年6月24日(土)〜9月10日(日)の期間に開催いたします。「ホーム・スイート・ホーム」では、アンドロ・ウェクア、竹村京ら国内外で活躍する現代美術作家たちによる「ホーム」をテーマにした作品を紹介します。歴史、記憶、アイデンティティ、場所、家族のあり方・役割等、キーワードに表現された作品群から、私たちにとっての「ホーム」――家、国そして家族とは何か、私たちが所属する地域、社会の変容、普遍性を浮かび上がらせることを試みます。タイトルの「ホーム・スイート・ホーム」は、愛しい我が家などとも訳せられ用いられてきました。「ビター」な社会が続く中、出品作品を通して私たちのホーム・スイート・ホームについて考察します。

開催日:2023年6月24日(土)– 9月10日(日)
開催時間:10:00 – 17:00、金曜・土曜は20:00まで
※入場は閉館の30分前まで
休館日:月曜日(ただし、7月17日は開館、翌18日は休館)

詳しく読む

ページのトップに戻る

ADF

member registration contact
  • Facebook
  • Twitter
  • Linkedin
  • Pinterest
  • Instagram