会員ログイン・登録

トップ > デザインインフォメーション > アート・イベント

「トーキョー・トーテム - 主観的東京ガイド展」

諸外国のデザイナー、アーティストをはじめ、社会科学やコンビニ研究者など、46人の著者の目を通し東京を紹介する「トーキョー・トーテム ̶主観的東京ガイド」展が開催。 エッセイ、
リサーチ、マップ、写真、ポエム、マンガなどに表現された、情緒的なアートブックでありながら理知的なリサーチレポートでもある、東京のガイドブックが紹介されます。

会期:2015年10月30日〜2015年11月24日
会場:UltraSuperNew Gallery

詳しく読む

Don't Tread on Me

サンフランシスコを拠点に活動するベン・ヴェノムの日本初個展「Donʼt Tread on Me」が開催。インパクトのあるビジュアルによる攻撃性とキルトの持つ独特の暖かみや安心感、そしてヘヴィメタルやバイカーといった男性的世界観と刺繍という女性的文化など一見相反する様々な要素で成り立ったヴェノムの作品が紹介されます。

会期:2015年10月30日〜2015年11月28日
会場:hpgrp GALLERY TOKYO

詳しく読む

GKグラフィックス30周年 企画展

GKインダストリアルデザイン研究所から独立し、今年30周年を迎えたGKグラフィックスによる「GKグラフィックス30周年企画展」が開催。美しい織物の表情を語源とした「綾」をテーマとし、コミュニケーションデザインのあり方や可能性を提案する作品が展示されます。

会期:2015年10月27日〜2015年11月07日
会場:ギャラリー5610 (東京南青山)

詳しく読む

arflex x ミロコマチコ 「たいようのねっこ」

インテリアブランドarflexと絵本作家ミロコマチコ氏のコラボレーションイベント「たいようのねっこ」が開催。ミロコ氏がこれまで手がけた作品の他、アートワークや音楽とのセッションライブペイントなどミロコ氏の世界を楽しめるイベントが行われます。また、9月11日(土)に発売された最新書籍「つちたち」の原画も展示されます。

会期:2015年10月22日〜2015年11月3日
会場:アルフレックスショップ東京

詳しく読む

未来食 食に関す る 3つのストーリー 展 謝琳 +間島領一 +品川明

2人のアーティストと1人の研究者による「未来食 食に関する3つのストーリー展」がLIXILギャラリーにて開催。食べ物を使ったインスタレーション作品のほか「食」の本質、面白さ、正しいありかたなど、様々なアプローチから「未来食」を考える作品が展示されます。

会期:2015年09月03日〜2015年11月24日
会場:LIXIL GALLERY 2

詳しく読む

建築家 フランク・ゲーリー展 " I Have an Idea "

半世紀以上にわたり建築の慣習を覆し、世間の常識に挑戦する作品をつくり続けてきた建築家 フランク・ゲーリーの展覧会が開催。ゲーリー建築の生命力に満ちた外観と居心地の良い内部空間を映像で体感できるプロジェクションをはじめ、ひとりの人間としてのゲーリーの姿に触れられる「ゲーリー・ルーム」が登場する他、つくっては壊し、またつくり、疑い、時に否定しながら生み出されるゲーリーのアイデアと、その実現に不可欠なテクノロジーや素材、建設プロセスが紹介されます。

会期:2015年10月16日〜2016年2月7日
会場:21_21 DESIGN SIGHT


詳しく読む

満ちる欠ける

アーティスト小池一馬氏によるグループ展「満ちる欠ける」が開催。展示タイトル「満ちる欠ける」は相反するものを意味するのではなく満ちる欠ける満ちる欠ける…と時が繋がり、今が反復しながら変化していく様を表します。5組の作家が織りなす静謐なインスタレーション作品が展示されます。

会期:2015年10月15日〜2015年10月24日
会場:hpgrp GALLERY TOKYO

詳しく読む

中村政人 個展 「明るい絶望」

アーティスト中村政人の10年ぶりの個展「明るい絶望」が開催。90年代前半に同時代のアーティストやキュレーターらと繰り広げた『中村と村上展』『ザ・ギンブラート』『新宿少年アート』など伝説的なアートプロジェクトの様子から、日常的な都市空間にそっとたたずむ情景まで中村政人が全てフィルムで撮影した貴重な写真、約四万枚の中から1989-94年のソウルと東京に絞って厳選し約700枚の写真が展示されます。

会期:2015年10月10日〜2015年11月23日
会場:3331 Arts Chiyoda 1F メインギャラリー

詳しく読む

ネガエロポリス 右眼墓地

写真家荒木経惟の2つの新作シリーズ、「ネガエロポリス」と「右眼墓地(うがんぼち)」が開催。都市やヌード、花や人形などを撮影したネガフィルムを、ポジ(陽画)に反転させることなく印画紙に焼き付けたカラー写真シリーズと墓地を中心とする東京の街を、レンズを叩き割ったカメラで撮影したモノクロ写真シリーズが展示されます。

会期:2015年9月26日〜2015年10月27日
会場:RAT HOLE GALLERY

詳しく読む

Don’t Follow the Wind Non-Visitor Center 展

東京電力福島第一原子力発電所周辺の帰還困難区域内で開催されている展覧会「Don’t Follow the Wind(以下、DFW)」のサテライト展が開催。「DFW」にまつわる資料や、帰還困難区域に設置された作品に関連した各作家、そしてドキュメントとして映画監督・園子温による映像インスタレーションなどが展示されます。

会期:2015年9月19日〜2015年10月18日
会場:ワタリウム美術館 2階,3階,4階

詳しく読む

TYPE

デジタル技術を活かした写真作品を精力的に発表し、2011年には日本写真協会新人賞を受賞するなど、今最も注目される若手写真家 大和田良の写真展「TYPE」が開催。活字を作る元となる原型を撮影し、記号としての機能美と文字が文字になる前の儚さを孕むTYPEシリーズが展示されます。

会期:2015年9月18日〜2015年10月12日
会場:hpgrp GALLERY TOKYO

詳しく読む

MIKE WROBEL - Art Show

2009年より東京を拠点に活動するフランス人イラストレーター、マイク・ローベルの初の単独展示会が開催。ポップカルチャーに根付いており、多くの人に馴染みのあるクラシカルで皮肉の効いた映画作品、テレビ番組、ビデオゲームなどをモチーフとし、ディテールにこだわり抜き、またユニークな色使い一貫させることで、アイデンティティーとカリスマ性を見事に表現したイラストレーション作品が展示されます。


会期:2015年9月11日〜2015年10月09日
会場:UltraSuperNew GALLERY

詳しく読む

Andrew Kerr展

アーティストアンドリュー・カーの個展「The gallery is beside a church, apartments and a small park with fountain」が開催。ペインティングや、ファウンドオブ􀀃ジェ、紙からなる立体作品で知られているカーの新作が展示されます。


会期:2015年7月10日〜2015年9月6日
会場:RAT HOLE GALLERY

詳しく読む

no one knows Sculpture

hpgrp GALLERY TOKYOにおける第100回目の企画展、彫刻家伊藤一洋の個展「no one knows Sculpture」が開催。彫刻を表現手段としてだけではなく、目的そのものとして制作を続けている伊藤のブロンズ作品が展示されます。


会期:2015年7月10日〜2015年8月9日
会場:hpgrp GALLERY TOKYO


詳しく読む

21_21 DESIGN SIGHT企画展 「動きのカガク展」

表現に「動き」をもたらしたモーション・デザイン。その表現力に触れ、観察し、その構造を理解し体験することで、ものづくりの楽しさを感じ、科学技術の発展とデザインの関係を改めて考える展覧会です。

会期:2015年6月19日〜2015年9月27日
会場:21_21 DESIGN SIGHT




詳しく読む

ページのトップに戻る

ADF

お問い合わせ 会員登録はこちら
  • Facebook
  • Twitter
  • Linkedin
  • Pinterest
  • Instagram