会員ログイン・登録

トップ > メディア事業 > アート・イベント

チェコ・デザイン 100年の旅

京都国立近代美術館では、「チェコ・デザイン 100年の旅」を開催。芸術家アルフォンス・ミュシャ(ムハ)が生まれ、またフランス絵画から影響を受けたチェコ・キュビズムと呼ばれる独自の様式を生み出したチェコ。本展はチェコ・デザインの100年を、家具やプロダクト、ポスターなど、チェコ国立プラハ工芸美術館所蔵の作品を中心とした約250点の作品により紹介します。歴史軸に沿って紹介される作品は、チェコひいてはヨーロッパの情勢が20世紀のデザインに与えた影響の、一断面を示すものとなるでしょう。

会期:2020年3月6日(金) 〜7月5日(日)
*3月6日(金)〜 臨時休館
最新情報については美術館HPをご確認下さい

会場:京都国立近代美術館

詳しく読む

モダンアート ニッポン! ウッドワン美術館名品選

熊本県立美術館では、「モダンアートニッポン!」を開催。本展は、広島県廿日市市にある公益財団法人ウッドワン美術館の所蔵品によって、日本の近代絵画をご紹介するものです。あの有名な岸田劉生による「麗子像」の一つ《毛糸肩掛せる麗子肖像》や、藤田嗣治による幻の大壁画《大地》をはじめ、青木繁や藤島武二、横山大観や菱田春草らによる名画たちが一堂に会します。さらには、ウッドワン美術館所蔵のゴッホ作品《農婦》、そしてルノワール《婦人習作》《花かごを持つ女》も特別出品されます。この機会にぜひご来館下さい。

会 期:2020年4月1日(水)〜2020年5月10日(日)
休館日:毎週月曜日(月曜祝日の場合は開館し、翌平日休館)
※5月6日(水・祝)まで休館延長。再開館については美術館HPをご確認ください。
会 場:熊本県立美術館 本館第1展示室

詳しく読む

NEOrient / RK

DIESEL ART GALLERYでは、アジアを中心に撮影活動を行うストリートフォトグラファーRKによる個展「NEOrient(ネオリエント)」を開催。写真・グラフィックデザイン・DJなどマルチに活躍するRKは、2013年にランニングクルー『AFE TOKYO』の専属iPhone Photographerとして一躍注目を集める存在となりました。その後、一眼レフに切り替え、数々の代表作を生み出し、自身のInstagramアカウントもフォロワー数が40万人を超えるなど、現在注目されている日本人アーティストのひとりです。

会期:2020年2月28日(金)〜5月21日(木)
会場:DIESEL ART GALLERY
※新型コロナウイルスの影響により、2020年4月8日より休館。再開については、ギャラリーHPをご確認下さい。

詳しく読む

森村泰昌のあそぶ美術史 ―ほんきであそぶとせかいはかわる―

富山県美術館では「森村泰昌のあそぶ美術史―ほんきであそぶとせかいはかわる―」を開催。ゲストキュレーターに美術家の森村泰昌氏を迎え、当館のコレクションを使って大胆に構成した企画展です。時系列や技法等に区分する“一般的な”展示ではなく、「普通のコレクション展示は絶対にやらない、思い切った展示を考える。見え方の発想を変える。これらの試みを、〈あそび〉という三文字に込める。」という森村氏の考えのもとに開催します。

会 期: 2020年3月7日(土)〜5月10日(日)
休館日: 水曜日、5月7日(木)
     ※ただし、4月23日(木)〜5月6日(水)は開館
会 場: 富山県美術館 2階展示室 2、3、4

※臨時休館期間:2020年4月18日(土)〜5月6日(水・祝) 最新情報は美術館HPをご確認ください。

詳しく読む

生誕135年記念 川端龍子展―衝撃の日本画

広島県立美術館では「生誕135年記念 川端龍子展―衝撃の日本画」展を開催。「昭和の狩野永徳」と評され、横山大観・川合玉堂とともに「近代日本画の3巨匠」の一人に数えられる日本画家・川端龍子。従来の日本画にはなかった、規格外の大作で人々を圧倒し、魅了しました。本展では、50年以上にわたったその画業を回顧します。

会 期: 2020年4月2日(木) 〜 5月31日(日)
休館日: 月曜日(5月4日は開館)
     ※3月7日(土)〜3月31日(火)臨時休館
     4月1日以降については美術館ホームページをご確認下さい
会 場: 広島県立美術館 3階 企画展示室

詳しく読む

瀧口修造コレクション 「瀧口修造 私の心臓は時を刻む」

富山県美術館では、瀧口修造コレクション「瀧口修造 私の心臓は時を刻む」を開催。詩人としてだけではなく、気鋭の美術評論家としても活躍していた瀧口は、1960年以降、線描や水彩を描き、デカルコマニーという転写法なども駆使した作品を数多く生み出しました。瀧口修造による連作《私の心臓は時を刻む》を中心に、瀧口が試みたオブジェや作品、瀧口の書斎に集まった、交流のあったアーティストから送られてきた作品や贈り物などを紹介します。言葉だけではなく、造形の表現においても、独自の実験を続けた瀧口の世界をお楽しみください。

会 期: 2020年1月9日(木)〜4月21日(火)
休館日: 水曜日(祝日を除く)、祝日の翌日
※ただし、2月24日(月・振休)、3月21日(土)は開館、2月25日(火)は臨時休館
会 場: 富山県美術館 3階 展示室6

詳しく読む

第66回 日本伝統工芸展

広島県立美術館では「第66回日本伝統工芸展」を開催。日本伝統工芸展は、日本の風土の中から生まれた世界に誇る工芸技術を、発展継承させることを目的に、昭和29年に創設されました。広島展では、陶芸、染織、漆芸、金工、木竹工、人形、諸工芸の各部門から、広島在住作家の入選作8点を含む304点を展示します。人間国宝(重要無形文化財保持者)から新進気鋭の若手まで、日本を代表する工芸家たちの最新作をお楽しみください。

会期: 2020年2月13日(木)〜3月1日(日)
    会期中無休
会場: 広島県立美術館 3階 企画展示室

詳しく読む

omnis「EVOLVING」展 | イメージの解体 リアリティへの挑戦

現代美術作家 金子透がアートディレクションを手掛ける展覧会「EVOLVING」を、渋谷ヒカリエ 8/CUBEにて開催。フランスに美術家として長期滞在した金子と、彼の美意識に共感を持つ若手作家とで結成されたomnis(オムニス)のEVOLVING。2019年に続く3回目の展覧会となる今回は、多様な情報で溢れかえった現代社会において、感じる機会を失いつつある私達が、何に感動し、作品との対話でどのような風景に出合えるのか。それぞれの作家が、それぞれの仕事を深く掘り下げ、その果てに得た美しい作品が、白い空間に並びます。

会期:2020年3月10日(火)〜2020年3月15日(日)
会場:渋谷ヒカリエ 8/CUBE

詳しく読む

所蔵作品展 「MOMATコレクション」

東京国立近代美術館では、MOMATコレクションを開催中。千鳥ヶ淵の桜が美しい季節、3月17日〜4月5日に、毎年恒例の「美術館の春まつり」を実施。桜を描いた名作が、みなさんをお迎えします。また、昨年開校100周年を迎えたドイツの造形教育学校、バウハウスの特集も行います。さらに、「北脇昇 一粒の種に宇宙を視る」と題したコレクションによる小企画も開催。今期も盛りだくさんのMOMATコレクションを、どうぞごゆっくりお楽しみください。

会 期:2020年2月11日(火・祝)−6月14日(日)
休館日:月曜日(ただし2月24日、3月30日、5月4日は開館)
    2月25日(火)、5月7日(木)
    ※2020年2月29日(土)より臨時休館
     開催については美術館ホームページをご確認下さい

会 場:東京国立近代美術館 本館 4-2階

詳しく読む

Design Shanghai 2020

ADFがメディアパートナーとしてサポートする「デザイン上海(Design Shanghai)」が2020年11月26日から29日の予定で開催されます。Design Shanghaiは、Design China Beijing主催のアジア最大の国際デザインイベントです。昨年は、70カ国以上から70,000人を超える来場がありました。

デザインやクリエイティブ分野において、アジア、とりわけ中国は世界的にも急成長を遂げているマーケットです。そのマーケットで随一のイベントであるDesign Shanghaiには、世界的な一流ブランドやギャラリーの展示の元に、アジアトップクラスのデザイナー、建築家、デベロッパー等が集結し、情報交換やビジネスの場として最高のプラットフォームが実現します。

会 期:2020年11月26日(木)〜29日(日)
会 場:Shanghai World Expo Exhibition & Convention Center

■公式サイト
Design Shanghai: https://www.designshanghai.com/
Design China Beijing:https://www.designchinabeijing.com/

詳しく読む

第12回恵比寿映像祭 時間を想像する

恵比寿映像祭は、年に一度、15日間にわたり展示、上映、ライヴ・イヴェント、トーク・セッションなどを複合的に行う映像とアートの国際フェスティヴァルです。映像分野における創造活動の活性化をめざし、東京都写真美術館全館および地域会場で開催されます。第12回となる今回は、「時間とは何か」という映像が併せ持つ本質について迫ります。展示や上映の作品から、鑑賞者と映像を楽しみ・学び・考え・巡るプログラム「YEBIZO MEETS」の展開までを通じて、多様な映像表現に触れていきます。

会 期:2020年2月7日(金)〜2月23日(日・祝)
休館日:月曜日(2月10日、2月17日)
会 場:東京都写真美術館、日仏会館、ザ・ガーデンルーム
    恵比寿ガーデンプレイスセンター広場、地域連携各所ほか

※第12回恵比寿映像祭は、オリンピック・パラリンピックの開催都市東京が展開する、2020年を盛り上げる文化の祭典「Tokyo Tokyo FESTIVAL」の1つとして実施するものです。

詳しく読む

北澤美術館所蔵 ルネ・ラリック アール・デコのガラス モダン・エレガンスの美

東京都庭園美術館では、「北澤美術館所蔵 ルネ・ラリック アール・デコのガラス モダン・エレガンスの美」を開催。ガラスを素材としたエレガントな作品の数々で、アール・デコの時代を切り開いたルネ・ラリック(1860-1945)。世界屈指のガラス・コレクションを有する北澤美術館所蔵のルネ・ラリック作品より、アール・デコの時代を代表する名品約220点を厳選し、正面玄関ガラスレリーフ扉など、ラリックの作品が内部を飾る「アール・デコの館」旧朝香宮邸を舞台にご紹介するものです。


会 期: 2020年2月1日(土) 〜 4月7日(火)
休館日: 第2・第4水曜日(2/12、2/26、3/11、3/25)
     ※2月29日(土)から3月31日(火)まで休館
      4月1日以降については美術館ホームページをご確認下さい

会 場: 東京都庭園美術館(本館+新館ギャラリー1)

詳しく読む

森田恒友 展

埼玉県立近代美術館では、埼玉県熊谷市出身の画家・森田恒友(1881-1933)の個展を開催。はじめは洋画を学び、ヨーロッパに留学して、セザンヌに強く影響を受けた作品を手がけた恒友ですが、帰国後は油絵具で日本の風景を描くことに違和感を覚え、身近な自然をとらえた清澄な日本画を発表します。さまざまな技法や表現を試みながら、一貫して描く対象を真摯に見つめた恒友の軌跡を、洋画と日本画の主要作品を中心に、豊富な資料も交えてたどります。


会 期: 2月1日(土) 〜 3月22日(日)
休館日: 月曜(2月24日は開館) 
会 場: 埼玉県立近代美術館

詳しく読む

シャンテル・マーティン個展

hpgrp GALLERY TOKYOでは、イギリス生まれのビジュアルアーティスト Shantell Martin(シャンテル・マーティン)の個展を開催中。Shantell Martinはモノトーンのラインを使った壁画やイラストが世界的に認知されており、オーディエンスを前にライブペイントも行うアーティストです。現在はニューヨークを拠点に美術館やギャラリーでの展示の他、グローバル企業や有名ブランドとのコラボレーション、そして数多くの大規模なプロジェクトにも取り組んでいます。まだ日本では目にする機会の少ないShantell Martinの作品を、この機会にぜひご覧ください。

会期:2020年1月10日(金) 〜 25日(土)
会場:hpgrp GALLERY TOKYO

※1月18日(土)14:00〜18:00
NYで活躍中のシャンテル・マーティンにちなみ、NYのティーブランドBELLOCQ(ベロック)の紅茶を会場にて無料でお楽しみいただけるイベントを開催いたします。

詳しく読む

水戸芸術館開館30周年記念事業  森英恵 世界にはばたく蝶

水戸芸術館では、展覧会「森英恵 世界にはばたく蝶」を開催。戦後の復興期にファッションデザイナーとして走り出し、東西の文化を融合させながら世界にはばたく力強い女性として活躍してきた森。本展では森が、半世紀に渡り手がけてきたオートクチュールや映画、舞台の衣裳、ユニフォームなど、多岐にわたる手仕事の作品を通し、激動の時代をしなやかに切り開いてきた彼女の足跡を紹介します。

会 期:2020年2月22日(土)〜5月6日(水・振)
休館日:月曜日、2月25日(火) ※ただし2月24日、5月4日(月・祝)は開館
    ※3月2日(月)より3月31日(火)まで臨時休館
     4月1日以降については美術館ホームページをご確認下さい

会 場:水戸芸術館 現代美術ギャラリー

詳しく読む

ページのトップに戻る

ADF

お問い合わせ 会員登録はこちら
  • Facebook
  • Twitter
  • Linkedin
  • Pinterest
  • Instagram