会員ログイン・登録

トップ > メディア事業 > アート・イベント

de-sport : 芸術によるスポーツの解体と再構築

金沢21世紀美術館では、東京2020オリンピック・パラリンピックを翌年に控え、芸術の視点からスポーツの意味を問い直す展覧会を開催。スポーツは、その起源をたどれば、「日常の労働から離れた遊び」を意味し、音楽や演劇、絵画、舞踏などの芸術も含むものでした。本展はその起源に立ち返り、芸術の視点から、遊戯、身体、国家、戦争、非言語コミュニケーションといった今日の諸問題などを映し出す社会的構造物としてスポーツを再考します。9カ国10作家の芸術的視点から解体・再構築されたスポーツをぜひ観戦してみてください。

会 期:2020年6月27日(土) 〜 2020年9月27日(日)
休館日:毎週月曜日(ただし8月10日は開場)、8月11日(火)、9月23日(水)
会 場:金沢21世紀美術館 展示室1〜6、13
※展覧会終了の期日は今後変更になる場合があります。最新情報は美術館HPでご確認下さい。
※ポスター画像の日付は、延期決定前の日付となります。

詳しく読む

ヘラルボニー|オンライン美術館「HERALBONY #ZoomArtMuseum」第2弾

ヘラルボニーが展開するアートメゾンブランド「HERALBONY」は、オンライン美術館「HERALBONY #ZoomArtMuseum」第2弾として、2020年6月6日(土)から6月28日(日)まで限定でオンライン美術館「HERALBONY #ZoomArtMuseum-JINENJO CLUB-」展を各回先着20名様にてZoom上で開催します。本展では、茨城県つくば市にある「自然生クラブ」とのコラボレーションのもと、ERALBONYキャストが、アーティストのストーリーと、アート作品を引き続き40分間リアルタイムで届けます。

会 期:2020年6月6日(土)〜2020年6月28日(日)
    第一部 10:00〜10:40
    第二部 15:00〜15:40
    第三部 20:00〜20:40(平日は第3部のみ)
休館日:水・木
会 場:Zoom

詳しく読む

内藤礼 うつしあう創造

金沢21世紀美術館では、空間と対話しながら自然のエレメントや繊細なモチーフを組み合わせ、またカンヴァス上に淡い色彩を重ねることで、根源的な生の光景を出現させてきたアーティスト、内藤礼の個展を開催。本展では、『「人(わたし)が作る」を超えること』を問い続けてきた作家が、はじめて「創造」と向き合います。人と自然、わたしとあなた、生と死、内と外、そして人と作品のあいだに生じる移し、写し、映し、遷し。「うつしあう」両者のあいだに顕われる生気、慈悲、それらとの一体感のうちに、生へと向かおうとする「創造」の瞬間が見出されるのです。

会 期:2020年6月27日(土) 〜2020年8月23日(日)
休館日:月曜日(ただし、8月10日は開場)、8月11日(火)
会 場:金沢21世紀美術館
※展覧会終了の期日は今後変更になる場合があります。最新情報は美術館HPでご確認下さい。

詳しく読む

New Photographic Objects 写真と映像の物質性

デジタル技術が加速度的に発展し社会に浸透した現代において、アーティストたちはさまざまな出力方法を用いたり、双方向的な手法などを複合的に駆使して、その表現言語を更新し続けています。埼玉県立近代美術館で開催される「New Photographic Objects 写真と映像の物質性」では、メディアの物質性を重視した独自のアプローチによってこの領野に新機軸を打ち出す4 名と 1 組のアーティストの作品を紹介します。彼らの作品をラディカルな再考と更新をめざす「新しい写真的なオブジェクト」と措定し、著しい速度で変化する現代 の写真表現・映像表現の一断面をとらえることが当展のねらいです。

会 期:2020年6月2日(火)〜9月6日(日)
休館日:月曜日(8月10日は開館)及び6月23日(火)
会 場:埼玉県立近代美術館
※来館の際は、美術館HPで最新情報をご確認ください。

詳しく読む

Fuorisalone Japan誕生!Fuorisalone Digitalへの出展募集!

「ミラノサローネ国際家具見本市/ Salone del Mobile.Milano」と同時期にミラノ全体で開催されるイベント「フォーリサローネ」のプラットフォームおよび公式オンラインガイドとして2003年に発足したFuorsalone.it。このたび、Fuorisalone.itと同一のアイデンティティと知見を持つ日本向けプラットフォーム、Furosalone.jpが誕生しました。東京・大阪を中心に、日本における最良のデザイン、クリエイティビティ、ライフスタイルについての情報をお伝えしてまいります。
また、世界最大のデザインの祭典「MILANO DESIGN WEEK」で発表される最新のデザインを、日本の方々にお伝えするとともに、日本とイタリアのデザインコミュニティをつなぎ、文化的・商業的なかけ橋になることを目指します。

Fuorisalone.jpに6月7日(日)までにご登録いただきますと、6月15日(金)〜21日(木)に開催される、Fuorisalone Digitalに無料で出展できます。
Fuorisalone.jpへのご登録(無料)は「詳しく読む」より、申込書(英文/和文)にご記入ください。

詳しく読む

建築をみる2020 東京モダン生活(ライフ)  東京都コレクションにみる1930年代

東京都庭園美術館では、「建築をみる2020 東京モダン生活(ライフ) 東京都コレクションにみる1930年代」を開催。本展は、1933年に竣工した朝香宮邸(現・東京都庭園美術館本館)の魅力を紹介する、年に一度の建物公開展です。この邸宅建築が生まれた、1930年代の東京に焦点を当て、東京都の所有する作品・資料―絵画や家具、写真、雑誌、衣服など、分野を横断する多彩なコレクションの紹介を通して、朝香宮邸が生まれた時代の、モダン都市・東京の在り様を描き出します。

会 期:2020年6月1日(月)〜 9月27日(日)
休館日:第2・第4水曜日(6/10、6/24、7/8、7/22、8/12、8/26、9/9、9/23)
会 場:東京都庭園美術館(本館+新館)
※最新情報は美術館HPにてご確認ください

詳しく読む

古典×現代2020―時空を超える日本のアート

国立新美術館では、「古典×現代2020―時空を超える日本のアート」を開催。国際的な注目が東京に集まる2020年に、古い時代の美術と現代美術の対比を通して、日本美術の豊かな土壌を探り、その魅力を新しい視点から発信します。展覧会は、江戸時代以前の絵画や仏像、陶芸や刀剣の名品を、現代を生きる8人の作家の作品と対になるよう組み合わせ、一組ずつ8つの展示室で構成されます。今日の優れた表現と、今なお私たちを惹きつけてやまない古の名品の比較を通じて、単独では見えてこない新たな魅力を発見する機会となるでしょう。

会 期:2020年6月24日(水)〜8月24日(月)
休館日:毎週火曜 
    ※最新情報は美術館ホームページをご確認下さい
会 場:国立新美術館 企画展示室2E

詳しく読む

開館30周年記念展 ふたつのまどか―コレクション×5人の作家たち

開館30周年を迎えるDIC川村記念美術館では、「ふたつのまどか―コレクション×5人の作家たち」を開催。現在第一線で活躍する5名の作家とコレクション作品との出会いの場となる本展では、現代美術作家の目によってコレクションが読み解かれ、その手によって紡ぎだされる新たなインスタレーションが、ひとつの空間のなかで展開されます。時代をこえたつながり、響きあいをどうぞお楽しみください。

会 期:2020年6月16日(火)〜 11月29日(日)
休館日:月曜(ただし8月10日、9月21日、11月23日は開館)、8月11日(火)、9月23日(水)、11月24日(火)
    ※6月16日より事前予約制にて開館。最新情報は美術館HPをご確認下さい。
会 場:DIC川村記念美術館


下記のサイトで、出品作家の皆様による紹介動画をご覧いただけます。

「ふたつのまどか」展 紹介動画
出品作家4名に、本展での展示や作品についての思いを伺いました。会場風景と共にご紹介しています。(5/5公開)
https://kawamura-museum.dic.co.jp/topics/2020/05-madoka/

「ふたつのまどか」展 さわひらきインタビュー動画
3/21(土)に予定されていたトークイベント中止をうけ、制作したものです。(4/9公開)
https://kawamura-museum.dic.co.jp/topics/2020/madoka-hs/

詳しく読む

マル秘展 めったに見られないデザイナー達の原画

21_21 DESIGN SIGHTでは「㊙展 めったに見られないデザイナー達の原画」を開催。この展覧会の核となるのは、現在、日本デザインコミッティーに所属する幅広い世代のメンバーたちが、そのデザインの過程において生み出してきたスケッチ、図面、模型の数々です。それらは、多くの人々の目に触れる完成品に比べて、あまり光が当てられません。しかし、そんな「秘められた部分」にこそ、デザインの大切なエッセンスが刻まれています。それらを間近で目にすることは、今後のものづくりを担う人々、特にデジタル化したものづくりを前提とする世代にとって、刺激と示唆にあふれた体験になることでしょう。

会 期:2019年11月22日(金)〜 2020年9月22日(火)
休館日:火曜日(12月24日、2月11日は開館)、年末年始(12月26日 - 1月3日)
    ※2020年6月1日より事前予約制による来館受付開始
     最新情報は美術館ホームページでご確認下さい

会 場:21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1&2

詳しく読む

Arts Towada 十周年記念 「インター + プレイ」展 第1期

十和田市現代美術館では、Arts Towada 十周年記念 「インター + プレイ」展の第1期を開催。2020年、十和田市の官庁街通り全体を「美術館」に見立てた取り組みArts Towadaが、完成から10周年を迎えます。Arts Towadaは人と最先端のアートが出会う場となり、まちと美術館の交流を生み出してきました。本展では、人と作品、まちと美術館との「インタープレイ(相互作用)」こそがArts Towadaの精神であると捉え、まちと美術館を舞台に一年を3期に分けて内容を変えつつ行います。

会期:2020年4月18日(土) - 8月30日(日) 月曜休館
※臨時休館中。最新情報は美術館HPをご確認下さい。
会場:十和田市現代美術館

詳しく読む

RKによる個展 「NEOrient」のバーチャルツアーが登場

DIESEL ART GALLERYはストリートフォトグラファーRKによる個展「NEOrient(ネオリエント)」をオンライン上で体験できるバーチャルツアーを発表。新型コロナウイルスの影響でギャラリーに行けない状況が続く中、バーチャルでRKのアート作品を鑑賞することができます。バーチャルツアーでは、ギャラリーのエントランスから、作品ひとつひとつを観ることが可能で、ギャラリーを訪れたように展示風景を楽しむことができます。また写真作品の鑑賞のほか、レコード作品の音源も視聴可能で臨場感あふれるバーチャルツアーを実現しています。ぜひこの機会にご体験ください。STAY HOME & ENJOY ART!

RK「NEOrient」バーチャルツアーはこちらよりご覧ください。(バーチャルツアーは2020年5月31日まで閲覧可能です。)

詳しく読む

ヤン・ヴォー ーォヴ・ンヤ

国立国際美術館では、世界的に活躍するアーティスト、ヤン・ヴォーの全貌を明らかにする、日本の美術館における待望の初個展「ヤン・ヴォー ーォヴ・ンヤ」(読み:ヤン・ヴォー)を開催。ヴォ―は、彼自身の経験、家族の歴史、社会的あるいは政治的な歴史に彩られたレディ・メイドの物、写真や手紙などの蒐集品、また彼の周辺の大切な人たちの手によるものを取り込みながら作品化します。本展では、近作を含め約40点余の作品を展示。ヴォーの卓越した選択眼、組み合わせの妙を存分に堪能いただけます。またヴォーにより丹念に考え抜かれた展示空間への作品配置も見所です。

会 期:2020年6月2日(火)−10月11日(日)
(当初4月4日から6月14日の会期で開催予定でしたが、会期を変更いたしました)

休館日:月曜日
会 場:国立国際美術館
※今後の新型コロナウイルス感染症の拡大状況次第によっては、再度の延長・変更の可能性がありますので、最新情報は美術館HPをご確認下さい。

下記のサイトで、ヤン・ヴォー氏のインタビュー動画をご覧いただけます。
https://www.youtube.com/watch?v=Z-CctwumKlY

詳しく読む

ART TOWER DELIVERY おうちで楽しむ水戸芸術館

新型コロナウイルス感染症の拡大防止に伴い、多くの方々がご自宅で過ごされる時間が増えている折、水戸芸術館では「ART TOWER DELIVERY おうちで楽しむ水戸芸術館」と題し、コンテンツの発信を行います。音楽や演劇、美術を通して少しでも皆様の心に安らぎや喜びをお届けできればと願い、過去のコンサート、演劇公演や展覧会を動画で無料配信したり、ご家庭で楽しめるコンテンツを、4月21日(火)から発信しております。なお、内容については随時更新してまいります。

詳しく読む

ハマスホイとデンマーク絵画

山口県立美術館では、「ハマスホイとデンマーク絵画」を開催。身近な人物の肖像や風景、そして静まりかえった室内を描き”北欧のフェルメール”とも称されるデンマークの画家、ヴィルヘルム・ハマスホイ(1864-1916)。西日本ではじめての本格的な展覧会となるハマスホイと併せて、同時代のデンマークで花開いた豊かな芸術文化をご紹介します。

会 期:2020年5月26日(火)〜2020年6月7日(日)
*現在臨時休館中。5月10日を目途に開催を見合わせております。最新情報は美術館ホームページでご確認下さい。
休館日:月曜日 ただし6月1日(月・ファーストマンデー)は開館
会 場:山口県立美術館

詳しく読む

d design travel EHIME EXHIBITION

渋谷ヒカリエでは、愛媛県の個性を、「デザイン」と「旅」の視点から見る展覧会「d design travel EHIME EXHIBITION」を開催。日本中が都市化されていく中で失われつつある「その土地ごとの個性」。暮らしの大切さを確認するため、47 都道府県を 1 県ずつ 1 冊に編集した 観光ガイド『 d design travel 』の27冊目にあたる『愛媛号』の発売を記念するものです。実際にその土地で使われている愛媛県ならではの道具や日用品、工芸品、建築の一部などの展示を通して、"実存する愛媛県ならではのデザイン" を知っていただければと思います。

会期:2020年3月 6日(金) - 2020年6月 1日(月)
会場:渋谷ヒカリエ8階 d47 MUSEUM
※臨時休館中。最新情報については渋谷ヒカリエのウェブサイトをご確認下さい。

【鑑賞できます「愛媛展」音声ガイダンス公開中!】
期間限定で「愛媛展」の館内映像とともに、音声ガイダンスをYouTubeで公開しています。

詳しく読む

ページのトップに戻る

ADF

お問い合わせ 会員登録はこちら
  • Facebook
  • Twitter
  • Linkedin
  • Pinterest
  • Instagram