会員ログイン・登録

トップ > メディア事業 > アート・イベント

東京都写真美術館 「深瀬昌久 1961-1991 レトロスペクティブ」展

このたび東京都写真美術館では「深瀬昌久1961–1991レトロスペクティブ」展を開催します。深瀬昌久は自身の私生活を深く見つめる視点によって、1960年代以降の日本の写真表現に独自のポジションを築きました。それは写真の原点を求めようとする行為でもあり、70年代には「私写真」と呼ばれ、写真家たちの主要表現のひとつとして展開していきます。深瀬は妻や家族など、身近な存在にカメラを向け、自身のプライベートを晒しながら、自己の内面に潜む狂気に意識を向けていきます。その狂気は、被写体に対する愛ある眼差しと、ユーモラスな軽やかさが混在し、深瀬作品を特別で唯一無二なものにしています。

本展では、〈遊戯〉〈洋子〉〈烏(鴉)〉〈家族〉など、主要作品を網羅した東京都写真美術館のコレクションに加え、《無題(窓から)》〈洋子〉のほか、日本大学芸術学部が1980年代初頭に収蔵した〈烏(鴉)〉個人所蔵の〈ブクブク〉〈サスケ〉ほか、充実した作品群によって構成します。1960年代から90年代の初頭に活躍した深瀬昌久の軌跡を辿り、彼独自の世界に触れる機会となります。この機会にぜひご覧ください。

会期:2023年3月3日(金)−6月4日(日)
会場:東京都写真美術館2階展示室
(東京都目黒区三田1-13-3恵比寿ガーデンプレイス内)

開館時間:10:00−18:00(木・金曜日は20:00まで、入館は閉館の30分前まで)
休館日:毎週月曜日(ただし、5月1日は開館)
入館料:一般700円/学生560円/中高生・65歳以上350円日時指定予約推奨
*小学生以下、都内在住・在学の中学生および障害者手帳をお持ちの方とその介護者(2名まで)、年間パスポートご提示者は無料


画像:
《無題(窓から)》〈洋子〉より 1973 年 ©深瀬昌久アーカイブス

詳しく読む

建築家フェルナンド・メニスのデザインによる「島を守る」エッセンシャル・サービス・ビル

カナリア諸島政府は、自然災害や気候変動、パンデミック、サイバー攻撃やテロなどへの対応能力を高めるため、最高レベルのセキュリティ機能を備えたビルの新設を計画しました。このたび新設される2棟のビルの設計公募を勝ち抜いたのは建築家フェルナンド・メニスです。テネリフェ島とグラン・カナリア島に同じデザインで1棟ずつ建設される予定です。

詳しく読む

【ADF Web Magazine】チェルシーインターナショナルがメゾン・エ・オブジェ2023にてオリジナルブランド「ceceposya」を発表

チェルシーインターナショナルは、パリにて2023年1月19日から1月23日まで開催されるメゾン・エ・オブジェ2023年1月展に出展し、オリジナルブランド「ceceposya」を発表します。オリジナルブランド「ceceposya」は日本で作られた和紙や天然素材を中心とした布好きに向けたコレクションで、それぞれの産地の熟練の技と知恵を借りながら試作を進め、愛着のある美しい作品に仕上げています。

詳しく読む

【ADF Web Magazine】ウィーンの街を見下ろすシンプルなラグジュアリー空間「Penthouse O」

destilatデザインスタジオがインテリアデザインを手掛けた「Penthouse O」は、ウィーンの街を代表する景勝地カーレンベルグやドナウ川を一望できる屋上に、シンプルな美しさを追求したラグジュアリーな空間を創り上げています。2階建てのファミリーアパートは500屬旅さの長方形のフロアプラン。空間構造が互いに交錯しながら、両側の長いテラスに流れている。テラスの先には、プール、アウトドアキッチン、特注のプランター、そして灌漑システムを配備したルーフガーデンが広がり、日常に開放的かつ贅沢な要素をプラスしてくれます。

詳しく読む

東京都美術館 「レオポルド美術館 エゴン・シーレ展 ウィーンが生んだ若き天才」

東京都美術館では、2023年1月26日(木)から4月9日(日)まで、「レオポルド美術館エゴン・シーレ展ウィーンが生んだ若き天才」を開催します。本展は、エゴン・シーレ作品の世界有数のコレクションで知られるウィーンのレオポルド美術館の所蔵作品を中心に、シーレの油彩画、ドローイング50点を通して、画家の生涯と作品を振り返ります。加えて、クリムト、ココシュカ、ゲルストルをはじめとする同時代作家たちの作品もあわせた約120点の作品を紹介します。夭折の天才エゴン・シーレをめぐるウィーン世紀末美術を展観する大規模展です。

詳しく読む

山口情報芸術センター[YCAM]『やまぐちアートコミュニケータープログラム2022:架空の学校「アルスコーレ」 オープンスコーレ「はじめての〇〇」』

山口情報芸術センター[YCAM]では、山口市中心市街地活性化推進室と協働して進める「アートでつなぐまちの活性化事業」の一環として現在実施中のアートや学びに関する人材育成プログラム「やまぐちアートコミュニケータープログラム2022:架空の学校『アルスコーレ』」の成果を発表するイベント「オープンスコーレ『はじめての○○(まるまる)』」を開催します。このプログラムでは、山口市中心市街地で学校を模した活動を展開しており、中心市街地で展示されている作品への理解を深めるためのイベントの企画制作や、空き店舗を活動拠点として改装するなど、多種多様な活動をおこなってきました。今回開催するこのイベントでは、プログラムを通じて実施してきた活動を対外的に紹介するとともに、「はじめて」をテーマに参加型のワークショップやレクチャーなどを実施します。
日常の余暇(スコーレ)を楽しむための技(アルス)を育む学びの場「架空の学校『アルスコーレ』」をご紹介する本イベントは、新しいことに挑戦する姿勢に触れ、知られざる街の魅力を発見する契機になるでしょう。ぜひこの機会にご参加ください。

画像:「オリジナルピクニックシートをつくろう!」
(撮影:塩見浩介)

詳しく読む

アートギャラリー・美術館情報 - 2023年1月おすすめ展覧会

2023年1月開催のアートギャラリー・美術館の展覧会をご紹介します。開催スケジュールのほか、展示作品などの詳細情報をお伝えします。なお、最新の開館情報については、各美術館・博物館のホームページなどご確認のうえ、ご来館ください。

詳しく読む

【ADF Web Magazine】スペイン・バルセロナ 地中海を見渡すユニークな展望台「エスカレラス・イ・ミラドール・ヴェラ」

エクスターナル・リファレンス社は、バルセロネータの海辺に、地中海と街を見渡せるユニークな展望台として、海跡公園とバルセロネータのロサ・デル・ヴァント広場をつなぐ建築・都市計画プロジェクトを発表しました。公開された「エスカレラス・イ・ミラドール・ヴェラ」は、建築家カルメロ・ザプッラ率いるエクスターナル・リファレンス社による新しいプロジェクトです。

詳しく読む

【ADF Web Magazine】サンフランシスコ音楽院の最先端バーティカルキャンパス

歴史ある市庁舎をはじめ、著名な舞台芸術施設などがあり、サンフランシスコの文化的中心地でもあるダウンタウン南西の官庁街「シビックセンター」。ここに、サンフランシスコ音楽院の新キャンパス「 Ute & William K. Bowes, Jr. Center for Performing Arts」が誕生しました。マーク・カヴァニェロ・アーキテクツが手掛けた最先端のキャンパスには、200人が収容できる大型のリサイタルホールをはじめ、音響設備の整ったリハーサルルーム、ラジオ放送室、教室、ダイニング、そして生徒の住居スペースまで完備されています。

詳しく読む

森美術館 「へザウィック・スタジオ展:共感する建築」

森美術館は、2023年3月17日(金)から6月4日(日)まで、東京シティビュー(屋内展望台)において、「へザウィック・スタジオ展:共感する建築」を開催します。
1994年にロンドンで設立されたヘザウィック・スタジオは、ニューヨーク、シンガポール、上海、香港など世界各地で革新的なプロジェクトを手掛ける、現在、世界が最も注目するデザイン集団のひとつです。
創設者トーマス・へザウィック(1970年、英国生まれ)は、子どもの頃、職人が作った小さなものに宿る魂に心を躍らせていたといいます。
建築という大きな建物や空間にも、その魂を込めることはできるのか。
この問いがヘザウィック・スタジオのデザインの原点となりました。

全てのデザインは、自然界のエネルギーや建築物の記憶を取り込みつつ、都市計画のような大規模プロジェクトもヒューマン・スケールが基準となるという信念に基づいています。
その根底には、プロダクトや建築物というハードのデザインよりも、人々が集い、対話し、楽しむという空間づくりへの思いがあるのかもしれません。
モノやその土地の歴史を学び、多様な素材を研究し、伝統的なものづくりの技術に敬意を払いながら、最新のエンジニアリングを駆使して生み出される空間は、誰も思いつかなかった斬新なアイデアで溢れています。
新型コロナウイルスのパンデミックを経て、わたしたちが都市や自然環境との関係性を見直すなかで、ヘザウィック・スタジオのデザインは、来る時代に適う、これまで以上に豊かな示唆を与えてくれることでしょう。

本展は、ヘザウィック・スタジオの主要プロジェクト28件を天空の大空間で紹介する日本で最初の展覧会です。
試行錯誤を重ね、新しいアイデアを実現する彼らの仕事を「ひとつになる」、「みんなとつながる」、「彫刻的空間を体感する」、「都市空間で自然を感じる」、「記憶を未来へつなげる」、「遊ぶ、使う」の
6つの視点で構成し、人間の心を動かす優しさ、美しさ、知的な興奮、そして共感をもたらす建築とは何かを探ります。

会期:2023年3月17日(金)−6月4日(日)
会場:東京シティビュー(六本木ヒルズ森タワー52階)
開館時間:10:00-22:00(最終入館21:00)*会期中無休


画像:ヘザウィック・スタジオ
《リトル・アイランド》
2021年
ニューヨーク
撮影:ティモシー・シェンク

詳しく読む

京都市京セラ美術館 「マリー・ローランサンとモード」

2023年4月16日(日)〜6月11日(日)の期間、京都市京セラ美術館 本館 北回廊1階にて「マリー・ローランサンとモード」を開催いたします。

二つの世界大戦に挟まれた1920年代のパリ。それは様々な才能がジャンルを超えて交錯し、類まれな果実を生み出した、奇跡のような空間でした。ともに1883年に生まれたローランサンとシャネルの二人は、大戦後の自由な時代を生きる女性たちの代表ともいえる存在でした。

本展では美術とファッションの境界を交差するように生きた二人の活躍を軸に、ポール・ポワレ、ジャン・コクトー、マン・レイ、マドレーヌ・ヴィオネなど、時代を彩った人々との関係にも触れながら、モダンとクラシックが絶妙に融合する両大戦間パリの芸術界を俯瞰し、オランジュリー美術館やマリー・ローランサン美術館など国内外のコレクションから、絵画、ドレス、資料など約90点のラインナップでご紹介します。


会期:2023年4月16日(日)〜6月11日(日)
会場:京都市京セラ美術館 本館 北回廊1階
[〒606-8344京都市左京区岡崎円勝寺町124]
開館時間:10時00分〜18時00分
(展示室への入場は閉館30分前まで)
休館日:月曜日

画像:
マリー・ローランサン《ニコル・グルーと二人の娘、ブノワットとマリオン》
1922年 油彩/キャンヴァス マリー・ローランサン美術館蔵
©️ Musée Marie Laurencin

詳しく読む

豊田市美術館 展覧会「ねこのほそ道」

豊田市美術館では、2023年2月25日(土)から5月21日(日)の間、展覧会「ねこのほそ道」が開催されます。
決して飼いならされることなく、野生を保ったまま人間とともに暮らすねこ。なにかの役に立っているわけではないのに飼い主の情緒に豊かに訴える、そんな普通で変な生きもの。群れをつくらずひとりで狩りをする肉食獣の彼らは、独立心が旺盛で優雅な、家のなかの小さな虎です。これまで人間は多くの種に影響を及ぼし、世界中の動物を絶滅へと追いやってきましたが、ねこは長い時間をかけて人間と暮らすようになりました。そして人間が自然を離れて都市を形成し高層ビルに住むようになると、ねこも一緒に空に上がってきました。ねこは長い進化の過程で、自ら見て、触れ、嗅いで、隙間や内と外を自在に行き来しながら、あるがままの道を歩んできました。
本展では、人間とは異なる空間感覚や倫理観を持ち、言葉の秩序から逃れる逸脱可能な存在として、自由、野生、ユーモア、ナンセンス溢れる、どこか”ねこ”のような現代美術が紹介されます。

期間:2023年2月25日(土)-5月21日(日)
休館日:月曜日[5月1日は開館]
主催:豊田市美術館
会場:豊田市美術館展示室1.2.8
観覧料:一般 1000円(800円)、高校・大学生800円(600円)、中学生以下無料

※開館時間:10:00−17:30(入場は17:00 まで)
※詳細は豊田市美術館WEBサイトへ
https://www.museum.toyota.aichi.jp/

画像:佐々木健 《ねこ》 2017年 油彩、カンヴァス 個人蔵 Courtesy of the artist and Gomike

詳しく読む

【ADF Web Magazine】竹中工務店 中村拓志 & NAP建築設計事務所による織物から着想を得たオフィス

竹中工務店と中村拓志 & NAP建築設計事務所がファッション通販サイト「ZOZOTOWN」の本社ビルを設計しました。目指したのは、街そのものがオフィスであり、カフェや公園、保育園、ジムなどを自社で用意するのではなく、街の中にアウトソーシングする「街とともに成長する地域統合型オフィス」です。社員は街や地域住民との関係を築きながら、高い機密性が求められるワーキングスペースや会議室以外の機能を集約したコンパクトなオフィスを実現し、本業へ理想的なパフォーマンスとが可能となります。

詳しく読む

【ADF Web Magazine】ENOTA設計によるホテルナチュラエクステンション スロベニア・ログラ

ENOTA設計によるホテル ナチュラについてお伝えします。グループホテルの最終増築として建てられたこの建物は、周辺の景観を取り入れており、スポーツと観光のリゾート地ログラを訪れる人々にとって最初の接点の一つとなっています。独立した外観を持ちながら、既存の建物と論理的なつながりを持つ新セクションとして完成した同建築の詳細を写真とともにお楽しみください。

詳しく読む

水戸芸術館現代美術ギャラリー 企画展「ケアリング/マザーフッド:「母」から「他者」のケアを考える現代美術―いつ・どこで・だれに・だれが・なぜ・どのように?―」

水戸芸術館現代美術ギャラリーでは、2023年2月18日(土)から企画展「ケアリング/マザーフッド:「母」から「他者」のケアを考える現代美術―いつ・どこで・だれに・だれが・なぜ・どのように?―」を開催します。

いつ・どこで・だれに・だれが・なぜ・どのように???現代美術作家15名・組の作品を手掛かりに、展示やさまざまな関連プログラムをとおして、ケアを「ひとり」から「つながり」へとひらく展覧会を開催します。

ひとは誰もが、日々の生活のなかで、あるいは人生のさまざまな場面でケアを受け取り、またケアをする機会を経験します。哲学者エヴァ・フェダー・キテイが「どんな文化も、依存の要求に逆らっては一世代以上存続することはできない」と述べるように、自分以外に関心を向け、気を配り、世話をし、維持し、あるいは修復するといったケアにかかわる活動は人間社会を支える根源的な実践といえるでしょう。しかし、生産性や合理性を追求する近代社会の形成においてケアの役割とその担い手の存在は長く周縁化され、他者化されてきました。ケアにかかわる活動は、誰もが必要とするからこそ、あたかも「誰か」の本質的な仕事のように自然化され、不可視化され、あるいは自己責任化されています。その「誰か」とはどのような「人間」であり、どのような「つながり」のなかにあるのか??本展覧会は15名・組による現代美術作品を手掛かりに、展示や関連プログラムをとおして、ケアを「ひとり」から「つながり」へとひらくことを試みます。

会期中は作品・活動について掘り下げるトークイベントや、ひとりでも、誰かと一緒でも展覧会を楽しめるプログラムを多数実施。また、同時期には展覧会と連動したワークショップや部活動を行う「高校生ウィーク」も3年ぶりに開催します。
会期:2023年2月18日(土)〜5月7日(日)
開場時間:10:00〜18:00(入場は17:30まで)
会場:水戸芸術館現代美術ギャラリー
休館日:月曜日

画像:マリア・ファーラ《鳥にえさをやる女》2021年、個人蔵
Courtesy of Ota Fine Arts

詳しく読む

ページのトップに戻る

ADF

お問い合わせ 会員登録はこちら
  • Facebook
  • Twitter
  • Linkedin
  • Pinterest
  • Instagram