会員ログイン・登録

トップ > メディア事業 > アート・イベント

大阪中之島美術館 企画展「民藝 MINGEI―美は暮らしのなかにある」

大阪中之島美術館は、開館後初めてとなる「民藝」をテーマにした企画展『民藝 MINGEI―美は暮らしのなかにある』を、2023年7月8日(土)〜9月18日(月・祝)の期間、開催します。約100年前に思想家・柳宗悦が説いた民衆的工藝、「民藝」。日々の生活のなかにある美を慈しみ、素材や作り手に思いを寄せる、この「民藝」のコンセプトはいま改めて必要とされ、私たちの暮らしに身近なものとなりつつあります。本展では、民藝について「衣・食・住」をテーマにひも解き、暮らしで用いられてきた美しい民藝の品々を展示します。どうぞご覧ください。

会期:2023年7月8日(土)〜9月18日(月・祝)
休館日:月曜日※ただし、7月17日(月・祝)および9月18日(月・祝)は開館、
7月18日(火)は休館
開場時間:10:00〜17:00(入場は16:30まで)
会場:大阪中之島美術館 4階展示室(大阪市北区中之島4丁目3-1)
観覧料:一般1,700円(団体1,500円)高大生1,300円(団体1,000円)
※中学生以下は無料
※()内は20名以上の団体料金

詳しく読む

国立国際美術館 「コレクション 2  特集展示:メル・ボックナー」

国立国際美術館では「コレクション2 特集展示:メル・ボックナー」を開催いたします。国立国際美術館は、昨年度アメリカのコンセプチュアル・アートを代表するアメリカ人作家メル・ボックナーの重要作品の一つ《セオリー・オブ・スカルプチャー(カウンティング)&プライマ―》(1969-73年)を収集しました。今回のコレクション展では、この新たな収蔵作品をお披露目するとともに、当館コレクションから同時期の日本人作家の作品を加え、コンセプチュアル・アートについて考えます。

あわせて収蔵作品から、荒川修作、河原温、高松次郎、オノ・ヨーコ、斉藤陽子、塩見允枝子(千枝子)等の同時代に活躍した日本人作家による作品も紹介されます。どうぞお楽しみください。


会期:2023年2月4日(土)〜5月21日(日)
会場:国立国際美術館地下2階展示室(〒530-0005大阪市北区中之島4-2-55)
開館時間:10:00─17:00、金曜・土曜は20:00まで※入場は閉館の30分前まで
休館日:月曜日(ただし、5月1日は開館)
主催:国立国際美術館
協賛:ダイキン工業現代美術振興財団
観覧料:一般430円ほか
※本展は同時開催の「ピカソとその時代 ベルリン国立ベルクグリューン美術館展」の観覧券で
ご観覧いただけます

無料観覧日
2023年2月4日(土)、3月4日(土)、4月1日(土)、5月6日(土)、5月18日(木)

画像:メル・ボックナー《セオリー・オブ・スカルプチャー(引用)》1972年
国立国際美術館蔵 © Mel Bochner

詳しく読む

ギンザタナカ 「はしもとみお 木彫展 -時をかけるケモノたち-」

1892年に創業した貴金属の老舗ギンザタナカ(田中貴金属ジュエリー株式会社)は、2023年2月3日(金)〜3月19日(日)の間、「はしもとみお木彫展-時をかけるケモノたち-」ギンザタナカ銀座本店5階のホールにて開催します。
「純金オブジェコレクション」の“動物オブジェシリーズ”の木彫り原型を手掛けた、動物の生き生きとした姿を木彫り彫刻で表現した作品で全国的な人気を誇る木彫り彫刻家・はしもとみお氏の個展です。本個展では、「時をかけるケモノたち」をテーマに、等身大サイズの秋田犬「わさお」や純金オブジェ「子ねこ」のモデルの「ウニちゃん」などの動物彫刻作品24体、月に座る動物たちが可愛らしいオーナメント11点などに加え、レリーフやスケッチなど計42点を展示します。
ギンザタナカでは、はしもとみお氏との共同製作で、2019年9月より「純金オブジェコレクション」“動物オブジェシリーズ”を展開しています。本個展ではミニチュアオブジェを再展示し、はしもとみお氏の世界に浸ることのできる空間となっています。同シリーズの純金が持つ美しい輝きと高い資産性、動物それぞれで異なる愛くるしい表情をどうぞご覧ください。

【日時】2023年2月3日(金)〜3月19日(日)11時〜18時※入場は17時30分まで
【場所】ギンザタナカ銀座本店5階ホール(東京都中央区銀座1-7-7)

詳しく読む

アートギャラリー・美術館情報 - 2023年2月おすすめ展覧会

2023年2月開催のアートギャラリー・美術館の展覧会をご紹介します。開催スケジュールのほか、展示作品などの詳細情報をお伝えします。なお、最新の開館情報については、各美術館・博物館のホームページなどご確認のうえ、ご来館ください。

詳しく読む

東京アートミュージアム 「フィルムフォトのアクチュアリティー」

フィルムフォトのアクチュアリティー
The Actuality of Film Photography
由良 環  船木 菜穂子  小平 雅尋


東京アートミュージアムでは2023年4月1日(土)から6月25日(日)の間、「フィルムフォトのアクチュアリティー」を開催します。本展はフィルムカメラを用いたストレートフォトグラフィーの作品と、写真家同士の対話を通じて、その重要性や可能性を探ります。三人の写真家(由良環氏、船木菜穂子氏、小平雅尋氏)は対話の中で、「シャッターを押したことは、種を撒いたに過ぎない」(由良)、「撮った時の感触が良かったら、見るまでずっといい気分。」(船木)、「自分が思い描くものとは別の答えが導かれる。」(小平)と述べています。これらは作品の中でどのように活かされているのでしょうか。本展は写真というメディアの在り方について、改めて考える機会となることでしょう。ぜひお楽しみください。

会期:2023年4月1日(土)〜 6月25日(日)
開館時間:11時〜18時30分(入館18時まで)
      * 5/13(土)はトークイベント開催のため15:30まで
開館日:木・金・土・日曜日
入場料:一般500円/大高生400円/小中学生300円
会場:東京アートミュージアム

詳しく読む

金沢21世紀美術館 森山未來パフォーマンス「osmosis(浸透)」

金沢21世紀美術館では、現在開催中の「時を超えるイヴ・クラインの想像力ー不確かさと非物質的なるもの」展関連プログラムとして、展覧会場内にて、森山未來のソロパフォーマンス「osmosis(浸透)」を開催します(2月24日〜26日、全6回公演)。
ダンサー、アートパフォーマー、俳優として多彩な表現活動を展開する森山の身体を通じて、精神と物質の新たな出会いを試みたクラインのコンセプトが甦ります。音楽は東京オリンピック2020開会式でも森山とコラボレーションした作曲家・原摩利彦が担当。真冬の澄み切った空気、吸い込まれるような青。美術館空間と戯れるように出没する森山の身体に導かれ移動する、今までにない鑑賞体験をお届けします。どうぞご期待ください。

構成・演出・出演:森山未來
開催期間:2023年2月24日(金)、25日(土)、26日(日)(各日2回公演、全6回)
定員:各回30名(先着順、要チケット事前購入)
料金:一般10,000円(チケットは完売しました)、U25(25歳以下)5,000円
チケット販売開始:2023年1月24日(火) 10:00〜(金沢21世紀美術館の事業WEBサイトにて)

画像:©️Takeshi Miyamoto

詳しく読む

山口情報芸術センター[YCAM]「The Flavour of Power ─紛争、政治、倫理、歴史を通して食をどう見るか?─」

山口情報芸術センター[YCAM]では、YCAMが実施する研究開発プロジェクト「食と倫理リサー チ・プロジェクト」の成果を発表する展覧会「The Flavour of Power(ザ・フレーバー・オブ・パワー)─紛争、 政治、倫理、歴史を通して食をどう見るか?」を開催します。 プロジェクトの過程で、インドネシアを拠点に活動する8人組のアーティスト集団、バクダパン・フー ド・スタディ・グループとともに食にまつわる倫理的な側面にまつわる調査を実施。おもに太平洋戦争中の日本とインドネシアの食における関わりから、農作物の遺伝子改変や単一作物の生産への依存 (モノカルチャー)を取り上げてきました。展覧会では、これらのリサーチの成果を映像インスタレー ション、カードゲーム、資料展示として発表します。 このほか会期中、野草採取のワークショップやカードゲームの体験会なども開催します。ぜひこの機会にご参加ください。

開催日時:2023年3月11日(土)〜6月25日(日) 10:00〜19:00
会場:スタジオB 2階ギャラリー
入場料:入場無料

詳しく読む

ポーラ美術館 HIRAKU Project Vol.14 丸山直文「水を蹴るー仙石原ー」展

ポーラ美術館は、現代美術を展示するスペース「アトリウム ギャラリー」にて、HIRAKU Project Vol.14 丸山直文「水を蹴るー仙石原ー」展を、2023年1月28日(土)から7月2日(日)まで開催します。
HIRAKU Projectは、過去にポーラ美術振興財団の助成を受けた作家を紹介する展覧会シリーズです。第14回目となる今回は、国内外で数多くの展覧会を開催し、国内の主要な美術館に作品が収蔵される、日本を代表する作家、丸山直文をご紹介します。

丸山は1990年代の活動初期から一貫して絵画を描き続けています。カンヴァスを立てて描く伝統的な絵画の制作法とは異なり、丸山は、水を含ませた綿布を床に置き水平な状態で作品を描きます。にじみやぼかしを意図的に取り入れた画面の中でかたちの境界は曖昧に揺らぎ、アクリル絵具の鮮やかな発色とともに、判然としない夢のような世界を生み出しています。

今回の展覧会は、「水を蹴る―仙石原―」と名付けられました。水たまりを蹴り上げると、水面に映った静寂な世界が崩れてしまうように、私たちの足場がいかに不安定で、見知った世界が一変してしまう可能性と常に隣り合わせであるか。震災、気候変動やパンデミックを経験した私たちは、その事実を改めて目の当たりにしました。本展のタイトルには、世界の、あるいは私たち自身の不確かさに対する丸山の意識が顕れています。

展覧会の会場構成は、丸山と親交の深い建築家・青木淳が担当します。青木は、丸山の絵画からインスピレーションを得て、重ね合わせた布によるモアレを水面に見立てた会場構成を構想しました。仙石原は太古、湖の底にあった土地です。丸山と青木がつくり上げた、輝く薄いヴェールに包まれた展示空間は、水面を歩くような少しの不安とともに、誰も知らない世界へと私たちをいざなうでしょう。

会期:2023年1月28日(土)〜7月2日(日)
開館時間:午前9時〜午後5時(入館は午後4時30分まで)
会場:ポーラ美術館1Fアトリウムギャラリー
休館⽇:会期中無休※悪天候による臨時休館あり
入館料:大人¥1,800/シニア割引(65歳以上)¥1,600/大学・高校生¥1,300
中学生以下無料/障害者手帳をお持ちのご本人及び付添者(1名まで)¥1,000

主催:公益財団法人ポーラ美術振興財団ポーラ美術館
協力:シュウゴアーツ
企画協力:AS、安東陽子デザイン、株式会社岡安泉照明設計事務所
公式サイト:https://www.polamuseum.or.jp/

詳しく読む

神奈川県立近代美術館 葉山 企画展「横尾龍彦 瞑想の彼方」

神奈川県立近代美術館 葉山では、2023年2月4日(土)〜4月9日(日)の間企画展「横尾龍彦 瞑想の彼方」を開催します。横尾龍彦(1928–2015)は、日本とヨーロッパを行き来して活躍した画家です。1965年にスイスで個展を開き、以後、聖書や神話に着想を得た幻想画により国内外での評価を確立しました。ドイツに本格的な拠点を設けた1980年以降は、ルドルフ・シュタイナーや禅の思想に影響を受けて制作に瞑想を取り入れ、書に通じる抽象画へと画風を変化させました。日本の美術館で初めての回顧展として、国内のアトリエに遺された作品を中心に約90点を紹介し、横尾の画業を展覧します。

会期:2023年2月4日(土)–4月9日(日)
会場:神奈川県立近代美術館 葉山(展示室1、2、3a、4)
開館時間:午前9時30分–午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日:月曜日
主催:神奈川県立近代美術館
観 覧 料 : 一般1,200円/20歳未満・学生1,050円/65歳以上600円/高校生100円

画像:《黙示録 ゴグとマゴグ》1977年 油彩、カンヴァス 北九州市立美術館蔵

詳しく読む

横須賀美術館「キャラクターデザインの先駆者 土方重巳の世界」

横須賀美術館では、2023年2月11日 (土) 〜 2023年4月9日 (日)の間、「キャラクターデザインの先駆者 土方重巳の世界」を開催します。
土方重巳は1915(大正4)年に兵庫県に生まれました。戦前、戦中、戦後はグラフィックデザイナーとして活躍し、1949(昭和24)年、劇作家で作家の飯沢匡と出会ってからは、子どもに向けた仕事に取り組みました。「きれいでキチンとしたものを、子ども達の心に植えつけたい」という飯沢の信念に共感し、この名コンビは数々の魅力的なキャラクターを生み出します。絵本版『ヤンボウニンボウトンボウ』や、NHKテレビ「おかあさんといっしょ」の人気人形劇「ブーフーウー」は、多くの子ども達を魅了しました。1952年からはじまり、土方がデザインを担当した人形絵本シリーズは国境を越えて、アメリカ、フランス、ドイツなど世界78ヶ国、15ヶ国語で80種類が出版されたといいます。
本展では、土方が東宝で戦前戦中に手がけた名作映画や文化映画のポスター、戦後フリーのデザイナーとして手がけたバレエやオペラの公演ポスター、チラシも多数ご紹介します。貴重な原画やポスター、グッズ、映像などで、土方の多彩な仕事をたどります。

会期:2023年2月11日(土・祝)〜4月9日(日)
開館時間:10:00~18:00
会場:横須賀美術館
休館日:3月6日(月)、4月3日(月)
無料観覧日:2月12日(日)※市制記念日(2月15日)に直近の日曜日

詳しく読む

東京都写真美術館 「恵比寿映像祭2023 テクノロジー?」

 

詳しく読む

神奈川県立近代美術館 葉山 コレクション展「ジョルジュ・ルオーの銅版画」

神奈川県立近代美術館 葉山では、コレクション展「ジョルジュ・ルオーの銅版画」を 2023年2月4日(土)から4月9日(日)の間開催します。
20世紀を代表するフランスの画家ジョルジュ・ルオー(1871–1958)。写真製版技法で原画を焼き付けた銅版の上に、描いては削ることを何度も繰り返して作られた重厚な作品は、人間の内奥を追求したルオーの深い精神性をたたえています。1912年の父の死と第一次世界大戦の悲劇をきっかけに制作を始め、約15年の歳月をかけて完成させた単色銅版画による傑作版画集『ミセレーレ』(1922-27年、1948年刊行)。今回は『ミセレーレ』全58点、キリストの受難を描いた版画集『パッション』(1936年)ほか同館が収蔵するルオー作品が並びます。どうぞこの機会にご覧ください。

会期:2023年2月4日(土)–4月9日(日)
会場:神奈川県立近代美術館 葉山(展示室3b)
開館時間:午前9時30分–午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日:月曜日
主催:神奈川県立近代美術館
観覧料:一般250円/20歳未満・学生150円/65歳以上100円/高校生100円

画像:神奈川県立近代美術館 葉山 外観

詳しく読む

金沢21世紀美術館 「lab.5 ROUTINE RECORDS」

金沢21世紀美術館では、2022年10月1日(土)〜2023年3月21日(火・祝)の間、「lab.5ROUTINE RECORDS」を開催します。

本展は、金沢21世紀美術館デザインギャラリーを作品展示の場所としてだけでなく、調査・研究・実験の場として開きつつ、そのプロセスをプレゼンテーションすることを目的に2017年より始動した〈lab.〉(laboratoryの略)シリーズの第5弾です。

今回は、近年あらゆる分野を横断して福祉とアートの新しい可能性を試みる、気鋭の福祉実験ユニット「ヘラルボニー」の新プロジェクト「ROUTINE RECORDS」をご紹介します。金沢市内の特別支援学校や福祉施設、他県の福祉施設に通う知的障害のある人が習慣的に繰り返す、日常の行動(ルーティン)から生まれる音を丁寧に紡ぎ、音楽として届ける試みです。

会場では、個々の音の視聴コーナーや、ルーティン音をプロの音楽家が実験的に生成する楽曲の視聴、鑑賞者がルーティンによって生まれた音をリミックスし、新しい音楽を制作できるDJブースなどを設け、聴取した音が音楽となる創造的なプロセスを多角的に体験することができます。

会期:2022年10月1日(土)〜2023年3月21日(火・祝)
10:00〜18:00(金・土曜日は20:00まで)
会場:金沢21世紀美術館 デザインギャラリー
料金:無料
休場日:月曜日(ただし10月10日、31日、1月2日、9日は開場)、10月11日(火)、11月1日(火)、12月29日(木)〜1月1日(日)、1月4日(水)、10日(火)

詳しく読む

ポーラ美術館 「部屋のみる夢―ボナールからティルマンス、現代の作家まで」

ポーラ美術館では、2023年1月28日(土)から7月2日(日)の間、「部屋のみる夢展 ボナールからティルマンス、現代の作家まで」を開催します。
パンデミック以降、 私たちの生活様式は大きく変化しました。移動が制限された状況で誰もが多くの時間を過ごしたのが、「部屋」という空間です。安心をもたらす室内での生活は、外の世界からの隔絶がゆえに閉塞感と隣り合わせのものでした。他方、閉じられた空間で紡がれた親しい人たちやかけがえのないものとの関係は、日常を生き抜くためだけではなく、変化の乏しい生活に彩りを添えるのに、欠かせないものであったと言えるでしょう。

本展覧会では、19世紀から現代に至るまでの、部屋にまつわる表現に特徴のある作家を取り上げ、この小さな世界のなかで織りなされる親密な記憶や夢想のありようを、あらためて見つめ直します。個性にあふれた作家たちによる多彩な室内の表現は、ステイホームの経験を通じて静かに変容した私たちの心のなかで、新たな像を結び始めるでしょう。この機会に、ぜひご覧ください。

会期: 2023年1月28日(土)― 7月2日(日)
休館⽇:会期中無休※悪天候による臨時休館あり
会場: ポーラ美術館 展示室1、3
主催: 公益財団法人ポーラ美術振興財団 ポーラ美術館
出品作家 : ベルト・モリゾ、ヴィルヘルム・ハマスホイ、ピエール・ボナール、エドゥアール・ヴュイヤール、アンリ・マティス、草間彌生、ヴォルフガング・ティルマンス、眦聴袖子・政子、佐藤翠+守山友一朗
公式サイト:https://www.polamuseum.or.jp/

関連プログラム
詳細が決まり次第、展覧会ウェブサイトにてお知らせいたします。

詳しく読む

東京国立博物館 表慶館「横尾忠則 寒山百得」展

東京国立博物館 表慶館では2023年9月12日(火)〜12月3日(日)にかけて、「横尾忠則 寒山百得」展を開催します。

本展は、現代美術家・横尾忠則が「寒山拾得」を独自の解釈で再構築した「寒山拾得」シリーズの完全新作100点を一挙初公開するものです。テーマとなった寒山と拾得は、中国、唐の時代に生きた伝説上の詩僧で、その奇行ぶりから「風狂」ととらえられ、日本、中国では伝統的な画題となりました。

新型コロナウィルス感染症の流行の下、横尾は、寒山拾得が達した脱俗の境地のように、俗世から離れたアトリエで創作活動に勤しみ、描き出された寒山拾得からは、精神世界を縦横無尽に駆け巡り、まさに時空を超えためくるめく物語が紡ぎ出されています。

画家活動の最大のシリーズとなる100点の寒山拾得は百面相のように、観る人にさまざまな問いかけを投げかけることでしょう。

また関連企画として、本年9月12日(火)〜11月5日(日)、東京国立博物館本館特別1室にて、同館が所蔵する、中国、日本で描かれた「寒山拾得図」を一堂に集めた特集「東京国立博物館の寒山拾得図―伝説の風狂僧への憧れ―」が開催されます。どうぞご期待ください。

会期:令和5年(2023年)9月12日(火)〜12月3日(日)
※月曜休館、ただし9月18日(月・祝)、10月9日(月・祝)は開館、9月19日(火)、10月10日(火)は休館
開館時間:午前9時30分〜午後5時 ※入館は閉館の30分前まで
会場:東京国立博物館 表慶館
主催: 東京国立博物館、読売新聞社、文化庁

画像:横尾忠則《寒山百得 2022-12-01》2022年

詳しく読む

ページのトップに戻る

ADF

お問い合わせ 会員登録はこちら
  • Facebook
  • Twitter
  • Linkedin
  • Pinterest
  • Instagram