会員ログイン・登録

トップ > メディア事業 > アート・イベント

国立新美術館「NACT View 01 玉山拓郎 Museum Static Lights」

国立新美術館では2022年より新規事業として美術館のパブリックスペースを使った小企画シリーズ「NACT View」を開催いたします。黒川紀章氏が設計した建築は、スペクタクルでありつつ、細部にまで意匠が凝らされています。多くの人が憩い、通り抜ける広場のようなパブリックスペースで、多くの皆さまに楽しんでいただけるよう、若手から中堅の美術家、デザイナー、建築家、映像作家を招聘し、現代の多様な表現をご紹介します。
その第1回目には既存の空間を見知らぬ風景に変容させることを得意とする玉山拓郎による、新作インスタレーションをエントランスロビーにて展示します。これまで、玉山は日用品や家具といった既製品や鮮烈な色彩を放つ蛍光灯を組み合わせることで、空間自体を体感させるような作品制作を行ってきました。今回の展示では高さ16m、8mの逆円錐形をした、美術館ロビーのなかでも中心的な存在感を放っている2つのコンクリートコーンに着目しました。玉山はこのコーンの形状をモチーフとして扱い、美術館の空間全体にまで意識を促すような効果を及ぼす光の作品を生み出します。


展示期間:2022年9月14日(水)〜12月26日(月)毎週火曜日休館
公開時間:美術館の開館時間に準ずる 
展示会場:国立新美術館 1Fロビー  観覧無料
〒106-8558東京都港区六本木7−22−2

画像:玉山拓郎《Museum Static Lights:The National Art Center, Tokyo》2022年 国立新美術館 展示風景 撮影:大町晃平

詳しく読む

愛知県美術館・愛知県陶磁美術館 移動美術館2022 もじもえもじも

愛知県美術館と愛知県陶磁美術館は、より多くの県民の皆様に美術に親しんでいただくため、両館のコレクションを県内各地に運んで展示する「移動美術館」を開催しています。

 西尾市岩瀬文庫で開催の今回は、同文庫が幅広い分野と時代の蔵書を有する書物のミュージアムであることにちなみ、「もじもえもじも」と題して、文字や書物にまつわる作品を展示します。両館からご紹介するのは、文房陶磁や刻字陶磁、小出楢重やクルト・シュヴィッタースらの絵画、ジョルジュ・ブラックやパブロ・ピカソらの版画、近衛信尹や吉川霊華らの日本画、荒木高子や西村陽平、福田尚代らの立体作品等です。そして、これらの作品に対応する西尾市岩瀬文庫の古典籍を展示します。本展の展示作品から、文字を書く、書物を読む、ものごとを記録し、語り伝えるといった行為や情景、そこからひろがるイメージや遊び心をお汲みとりいただければ幸いです。この機会に、ぜひお楽しみください。

[会期] 2022年9月17日(土)〜11月27日(日)
[会場] 西尾市岩瀬文庫 企画展示室
[開館時間] 9:00-17:00
[休館日] 毎週月曜日(10月20日(木)、11月17日(木)
[観覧料] 無料
[外部サイト] 古書の博物館 西尾市岩瀬文庫
[主催] 愛知県美術館、愛知県陶磁美術館、西尾市岩瀬文庫

詳しく読む

東京国立博物館創立 150 年記念 特別展「国宝 東京国立博物館のすべて」

東京国立博物館(東博)は、令和4年(2022)、創立150年を迎えました。 明治5年(1872)の発足以来、日本でもっとも長い歴史をもつ博物館として、 かけがえのない文化財の保存と公開という命題を両立させながら、日本の文化を未来へ、 そして世界へ伝えていく役割を果たしてきました。
本展は、この大きな節目を記念して開催するものです。 150年の間に積み重ねられた約12万件という膨大な所蔵品の中から、国宝89件すべてを含む名品と、 明治から令和にいたる150年の歩みを物語る関連資料を通して、東京国立博物館の全貌を紹介します。 展示は2部構成で、計150件を展示します。
東京国立博物館にはじめて来館される方には新発見の場として、親しいリピーターの方には再発見の場として、魅力的な展示内容と展覧会場を創出します。

会期:令和4年(2022) 10月18日(火)〜12月11日(日)
会場:東京国立博物館 平成館
主催:東京国立博物館、毎日新聞社、NHK、NHKプロモーション、独立行政法人日本芸術文化振興会、文化庁

<事前予約制>「詳しく読む」からご覧ください

詳しく読む

【ADF Web Magazine】設計事務所raumusによるアトリエを併設した古民家の改修

陶芸家と料理家の夫婦、幼い子供たちの4人家族のための住宅である土田の民家。敷地周辺には同じく茅葺き屋根の上に金属板を葺き、現代まで住まれている古民家が数軒点在しています。raumusの竹田真志は民家の在り方を継承した上で現代的なライフスタイルに合うように大きく間取りを変更することで、古い、新しいという枠組みを超えて、現代における民家の形をこの家族を支える生活の器として蘇らせたいと考えました。

詳しく読む

【ADF Web Magazine】ISSADESIGNによるビューティーサロン改装プロジェクト

モントリオールで評判の美容院「Blunt」が、サービスの拡充を目指し、店舗の拡張と改装を実施しました。地元の建築デザイン事務所のISSADESIGNが手掛けた内装は、一貫したコンセプトを守りながらも新旧の空間をバランスよく融合させ、洗練された活気あふれる空間へのアップデートに成功しています。

詳しく読む

【ADF Web Magazine】中国・重慶市 Studio DOTCOFが設計した「山城」ショールーム

中国・重慶市でStudio DOTCOFが設計した「山城」ショールームをご紹介します。同プロジェクトは、Studio DOTCOFの常連クライアントである延豊自動車トリムシステム社が中国の山城である重慶に建設したものです。Studio DOTCOFが設計を担当したショールームは今回で5つ目となり、クライアントは当初から新しいショールームに地域の特色を取り入れたいとの意向を示していました。

詳しく読む

【ADF Web Magazine】モントリオールのダウンタウンに屋外コワーキングスペースが登場

モントリオールのダウンタンにある大規模なオフィスとショッピングコンプレックスの超高層ビル「Place Ville Marie(PVM)」に、アウトドアのコワーキングスペース「Station d’été」が設置されました。無料で一般開放されているこのスペースは、都市の公共スペースの活用を促すプロジェクト「Aire commune」が2022年の6月に設置し、夏季営業3カ月の間に約400件の予約があり、10,000人近いユーザーが利用する話題のスポットとなっています。

詳しく読む

【ADF Web Magazine】松山良樹がアンビエンテックのためにデザインした新しいポータブルランプ

アンビエンテックは新しいポータブルランプとして「Cachalot(カシャロット)」を発表しました。Cachalotは本質的で親しみやすいフォルムを完璧に把握しながらも、喚起的で象徴的なオブジェとなっており、デザイナーの松山良樹が手がけています。

詳しく読む

アートギャラリー・美術館情報 - 2022年10月おすすめ展覧会

2022年10月開催のアートギャラリー・美術館の展覧会をご紹介します。開催スケジュールのほか、展示作品などの詳細情報をお伝えします。なお、最新の開館情報については、各美術館・博物館のホームページなどご確認のうえ、ご来館ください。

詳しく読む

大阪中之島美術館・国立国際美術館共同企画「すべて未知の世界へ ー GUTAI 分化と統合」

大阪中之島美術館と国立国際美術館では、共同企画となる展覧会「すべて未知の世界へ ー GUTAI分化と統合」を開催します。2022 年 2月に開館した大阪中之島美術館と、道路一本を隔てて隣り合う国立国際美術館。具体美術協会(具体)が解散して 50 年の節目となる 2022 年、2 館同時開催という類い稀な形式で開催される本展覧会は、「分化と統合」というテーマを掲げ、新しい具体像の構築をめざします。具体美術協会は、1954 年、兵庫県の芦屋で結成された美術家集団です。画家の吉原治良(1905-72)を中核に据えたこの集団は、絵画をはじめとする多様な造形実践をとおして、「われわれの精神が自由であるという証を具体的に提示」しようとしました。吉原による指導のもと、会員たちがそれぞれの独創を模索した18 年の軌跡は、いまや国内外で大きな注目を集め、戦後日本美術のひとつの原点として、なかば神話化されるに至っています。

会期:2022年10月22日(土) – 2023年1月9日(月・祝) 
休館日や開催時間など詳しくは各美術館ホームページでご確認ください。
【各館公式ホームページ】
大阪中之島美術館
国立国際美術館
(下方の「詳しく読む」は大阪中之島美術館HPにジャンプします)

詳しく読む

【ADF Web Magazine】LA ウエストレイク地区の再興を先導する「メトリックホテル」の建替えプロジェクト

かつてスラム街だった米ロサンゼルスのウェストレイク地区にある「メトリック・ホテル」は、街の再興を先取りする形で、古びたモーテルを建替えることとなりました。5年に及ぶ再建プロジェクトは、アーロン・ニューベルト・アーキテクツ(ANX)に託され、新たなブティックホテルが誕生しています。

詳しく読む

【ADF Web Magazine】スチューブ・アメリカがIDSショーのためにバンクーバーのラ・メゾン・エフェメールにオフィスを開設

スチューブ・アメリカは、2022年9月22日から9月23日までバンクーバーのデザイン地区にあるスイッツァー・カルト・クリエイティブショールームにあるラ・メゾン・エフェメールにて、バンクーバーのインテリアデザインショー(IDSショー)の来場者や、薪ストーブを愛するすべての人々を招待し、そのユニークなストーブや暖炉を発見する機会を提供します。

詳しく読む

【ADF Web Magazine】アメリカ・シカゴ JGMA設計による地域医療システム エスペランサ・ヘルスセンター

JGMAが設計したスペランサ・ヘルスセンターは、高品質のケアとウェルネスサービスの提供を通じて健康的なライフスタイルを促進し、健康状態を改善することを使命とする地域医療システムです。予防と教育に重点を置き、サービスを受けていないコミュニティが直面する障害を克服するために、バイリンガルで文化的に多様なスタッフによってサービスが提供されています。

詳しく読む

【ADF Web Magazine】テヘランの歴史的建造物「エテハディエ・ハウス」の修復プロジェクト

イランの首都テヘランにあるいくつもの建物と中庭で構成された、築150年を誇る歴史的建造物「エテハディエ・ハウス」の修復プロジェクトについてお伝えします。テヘランのシャンゼリゼ通りとも言われる「ラレザール通り」の中心に位置する9000屬發遼賃腓壁瀉呂蓮△つてイランの君主アル=ディン・シャーの財務官だったアミン・アル・ソルタンが所有しており、王族が国賓をもてなす際に利用されていました。

詳しく読む

神奈川県立近代美術館 葉山 企画展「マン・レイと女性たち」「特集:マン・レイと日本」

神奈川県立近代美術館 葉山では、2022年10月22日(土)から、企画展「マン・レイと女性たち」を開催します。
20世紀を代表する芸術家マン・レイ(1890-1976)。絵画やオブジェ、映画などジャンルを超えて活躍した彼は、1920年代〜30年代に成熟期を迎えつつあった写真という新しいメディアの可能性を追求しました。本展は、とりわけマン・レイのまなざしが捉えた「女性たち」に光を当て、240点余の作品から創作の軌跡を追うものです。また、企画展「マン・レイと女性たち」に際し、当館独自の小展示として「マン・レイと日本」を特集します。マン・レイの幅広い活動は、彼がニューヨークからパリに移った1920年代後半から 日本でも紹介され、戦前の前衛芸術家たちに影響を与えました。 日本におけるマン・レイの受容の一端を辿ると同時に、戦後、マン・レイのモデルもつとめた彫刻家の宮脇愛子(1929-2014)もご紹介します。 合わせてお楽しみください。

会期:2022年10月22日(土)〜2023年1月22日(日)
会場: 神奈川県立近代美術館 葉山(展示室1、2、3a)特集の開催は展示室4
開館時間: 午前9時30分–午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日: 月曜日(1月9日を除く)、2022年12月29日–2023年1月3日
主催: 神奈川県立近代美術館

画像:《リー・ミラー(ソラリゼーション)》1929年頃 ゼラチン・シルバー・プリント(後刷) 個人蔵
Courtesy Telimage, Photothèque Man Ray, Paris/ ©MAN RAY 2015 TRUST/ ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2021 G2698

感染防止対策として、入場制限を行う場合があります。

詳しく読む

ページのトップに戻る

ADF

お問い合わせ 会員登録はこちら
  • Facebook
  • Twitter
  • Linkedin
  • Pinterest
  • Instagram