会員ログイン・登録

トップ > ビジネスインフォメーション > コンペティション

ADF ミラノサローネデザインアワード2019 展示会レポート

2019年4月11日のイベントは、デザイン業界における世界的なイベントのなかでもとりわけ特別なものでした。このイベント、Milano Salone del Mobileは、あらゆる形でファッションにかかわる多種多様の人々を大勢魅了するイベントとなりました。
ADFは毎年、トレンドスポットの一角Via Tortona 37に位置するGARDEイタリアオフィスにて屋外イベントを開催しています。今年は、「UTSUROE」と名付けた家具作品と、Milano Salone Award受賞作品の二つを同時に展示しました。

人の心の動きをポータブルと考え、家具を動かすのではなく、自分の気持ちが動くような家具、「UTSUROE」

Milano Salone Awardは世界中のデザイナーが高い関心を寄せるアワードであり、今年で10回目を迎えます。2019年のテーマ「ポータブルスペース」にちなみ、受賞者らはVia Tortona 37の屋外スペースにて作品を展示し、日本やイタリアからミラノに集ったデザイナーやクリエーターに作品を紹介しました。「TOMI」 (TokyoとMilanoの頭文字をとったもの)と題した受賞作品は、ベンチとテーブルを、その周りに立てたパイプから垂らした「のれん」で囲い、ポータブルスペースを実現したものでした。

ADF Milano Salone Design Award 2019 の受賞作品「TOMI」

Best Performance Award受賞のAlessandro Pennesi 率いるクリエーターグループ

展示会後のカクテルパーティでは、寿司がふるまわれ、活発な交流が行われました。


ページのトップに戻る

ADF

お問い合わせ 会員登録はこちら
  • Facebook
  • Twitter
  • Linkedin
  • Pinterest
  • Instagram