デザイナーのための情報サイトADF。コラボ情報、仕事情報、デザイナー募集など各種情報公開中

会員ログイン・登録

トップ > デザインインフォメーション > アート・イベント

日本の家 1945年以降の建築と暮らし

The Japanese House : Architecture and Life after 1945

日本の住宅建築におけるターニングポイントである戦後に焦点をあて、日本の建築史に名を刻む建築家、56組による75件の住宅建築を、400点を超える模型、図面、写真、映像などで紹介します。13のテーマに分類して展示することで、日本の住宅建築の特徴を浮かび上がらせます。展示室内には、中に入って体感できる原寸大模型も登場します。

会期:2017年7月19日〜2017年10月29日
会場:東京国立近代美術館 1F 企画展ギャラリー

詳しく読む

Art Gallery Project vol.2 ふくモモ親子展 「18歳の暗喩 」老いては子に従え

青山デザインフォーラムは、若手アーティストを支援する活動「ADF Art Gallery Project」を発足。この度、クリエイティビティ溢れる母と娘による ふくモモ親子展「18歳の暗喩」老いては子に従えて を開催します。Nikonの広告写真、Audi A3「先進と対峙する3人の写真家」カメラマンの母、福田栄美子と武蔵野美術大学 基礎デザイン在学中の長女、福田百花の新たな可能性を見出そうと試みたコラボレーション新作をご紹介します。


会  期: 2017年 7月 3日(月) - 7月 23日(日)土・日曜、祝日休館
会  場: 【GARDE Gallery】 東京都港区南青山5-2-1 ALLIANCEビル4F

* オープニングセレモニー: 2017年7月 3日(月)18:00〜20:30
* クロージングパーティー: 2017年7月23日(日)16:00〜18:00
(両日とも展示は10:00~より開催しております)

詳しく読む

大エルミタージュ美術館展 オールドマスター 西洋絵画の巨匠たち

1712年から約200年間、帝政ロシアの都として栄えた水の都、サンクトペテルブルク。ひときわ優雅で壮麗な姿を誇るエルミタージュ美術館はかつて歴代皇帝の宮殿でした。現在、エルミタージュ美術館は310万点もの所蔵品があり、そのうち絵画だけでも1万7千点に及びます。その中でも特に充実しているのが16世紀ルネサンス時代のティツィアーノ、クラーナハ、17世紀バロックのレンブラント、ルーベンス、ヴァン・ダイク、18世紀ロココのヴァトー、ブーシェなどに至るオールドマスターたちの作品群です。
本展は、選びぬかれたエルミタージュ美術館の顔とも言うべき作品群を国、地域別にご紹介します。

会期:2017年7月1日〜2017年9月18日
場所:愛知県美術館 愛知芸術文化センター10階

詳しく読む

アルチンボルド展

イタリア・ミラノ生まれのジュゼッペ・アルチンボルド(1526−1593年)は、歴史上でもひときわ異彩を放った、16世紀後半にハプスブルク家で活躍した宮廷の演出家です。果物や野菜、魚や書物といったモティーフを思いがけない形で組み合わせた奇想と知、驚異と論理とが分かちがたく交錯する絵画は20世紀のシュルレアリスム以後のアーティストたちにも、大きな刺激を与えました。
今回の展示では世界各地の主要美術館が所蔵する油彩・素描(帰属作品等を含む)計30点を中心に約100点の出品作品により、日本で初めて彼のユーモアのある知略の芸術を本格的にご紹介します。
会期中には講演会、スライドトークも予定されています。

会期:2017年6月20日〜2017年9月24日
場所:国立西洋美術館 〒110−0007 東京都台東区上野公園7−7

詳しく読む

横尾忠則  十和田ロマン展  POP IT ALL

1970年代初頭、横尾忠則は2年間にわたり日本各地を旅し、風景画を制作しました。横尾の代表的テーマ「瀧」のルーツとも言われる「十和田湖 奥入瀬」(1973年)も含まれます。今回の展覧会では、テクナメーションと呼ばれる手法を使い、光が流水のように走る画面を楽しむ作品や、瀧に関連する大作から、名作を選び展示されます。また画家初期からの絵画や未発表の新作なども合わせて紹介します。

会期:2017年06年17日〜2017年9月24日
会場:十和田市現代美術館

詳しく読む

国立新美術館開館10周年 ジャコメッティ展

10th Anniversary of the National Art Center, Tokyo
20世紀のヨーロッパにおける最も重要な彫刻家のひとりアルベルト・ジャコメッティ(1901-1966年)。その、独特な身体を線のように長く引き伸ばした新しい彫刻のスタイルで、ジャコメッティは、見ることと造ることのあいだの葛藤の先に、虚飾を取り去った人間の本質に迫ろうとしました。今回の展覧会は、南フランスにあるマーグ財団美術館のコレクションを中心に、ジャコメッティの貴重な作品を所蔵する国内コレクションのご協力も仰ぎ、初期から晩年まで、彫刻、油彩、素描、版画など、選りすぐりの作品、132点が出品される予定です。

会期:2017年6月14日〜2017年9月4日
場所:国立新美術館 企画展示室1E

※画像写真の写真転用を禁じます

詳しく読む

ヴォルス――路上から宇宙へ

「アンフォルメルの先駆者」と評されたヴォルス (1913−1951)。
音楽と詩に親しみ、独学で絵を描くようになった稀有な芸術家。ヴォルス独自の魅力を放つ、蜘蛛の糸の様な描線と澄んだ色彩は収容所という不遇な環境の中で伸びました。第二次世界大戦後、慣例にとらわれない描法がサルトルら文学者に認められるが38歳という若さで死を迎えました。今回の展示では、写真、水彩、油彩、銅板画そして言葉と、メディアを横断したヴォルスの路上の石や虫を見ながら遠く宇宙までも見通した深い作品世界約120作品が紹介されます。

画像:《コンポジション》1950年 グァッシュ、インク、紙 21.9 × 16 cm DIC川村記念美術館

会期: 2017年4月1日〜2017年7月2日
会場: DIC川村記念美術館 千葉県佐倉市坂戸631

詳しく読む

DIC川村記念美術館×林道郎 静かに狂う眼差し−現代美術覚書

DIC川村記念美術館の収蔵作品を新たな視点でご紹介する「コレクションViewpoint」。今回は、美術史・ 美術批評の分野で活躍する林道郎氏の手引きでコレクションの中心をなす現代絵画約90点をご紹介。絵画がもつ「人間の感覚や想像力や思考のモデルとしての可能性」について、4つのキーワードを基軸に探り、4回シリーズの講演会やギャラリートークも開催されます。

会期:2017年7月8日〜2017年8月27日
会場:DIC川村記念美術館

詳しく読む

APMoA Project, ARCH vol.22  塩見友梨奈展 「Swimming Pool」

カラフルな布をつぎはぎし、人体を思わせるフォルムの造形作品を制作してきた塩見友梨奈。従来の作品は鮮やかな色彩、繰り返される模様、軟らかな質感により不気味さや不安感をかき立てるような作品になっています。今回の展示では、新しい制作アプローチを試み、幼いころから裁縫や仕立てを教わった祖母が近年認知症を患い、日々記憶を失う様子と向かい合った経験をもとに、記憶の貯蔵庫(プール)である「脳」をテーマにした新作を、従来の作品とともに紹介します。

会期:2017年7月1日〜9月18日
会場:愛知県美術館 展示室6 ほか

詳しく読む

ROGER BALLEN+ASGER CARLSEN個展 「NO JOKE」展

ロジャー・バレンとアスガー・カールセンによる個展「NO JOKE」が開催。21世紀で最も重要な写真作家の一人に数えられる南アフリカ在住の写真家ロジャー・バレンと、デジタル加工による前代未聞の人体フォトコラージュ作品で世界的な話題を呼ぶニューヨーク在住の写真家アスガー・カールセンの二人が、海とタイムゾーンを越えて芸術的なピンポンを繰り広げたことによって産声を上げた革新的なコラボレーション作品が公開されます。

会期:2017年5月26日〜2017年8月17日
会場:DIESEL ART GALLERY

詳しく読む

企画展 EXTREME MATERIALS 〜強靭な素材たち〜

世界一の規模を誇る会員制マテリアルライブラリーを運営するMaterial ConneXion® Tokyoでは5月10日より企画展「EXTREME MATERIALS」を開催。強靭な素材や従来の概念を超える驚き、意外性のある素材など注目の素材が紹介されます。会期中、出展企業が直接素材の紹介を行うプレゼンテーション会も開催されます。

会期:2017年5月10日(水)〜2017年7月21日(金)
開館:10:00-18:00 (休館日:土・日・祝)
会場:Material ConneXion Tokyo
入場:無料
Material ConneXion Tokyo WEB SITE

詳しく読む

総合開館20周年記念 TOPコレクション 「いま、ここにいる 平成をスクロールする 春期」展

東京都写真美術館の収蔵作品を紹介する展覧会シリーズ、TOPコレクション。リニューアル・オープン後、最初となるシリーズのテーマは「平成」。平成という時代には、社会問題や経済危機、自然災害などさまざまな困難な局面があった。個人では容易にあらがうことのできないそうした大きな問題に対し、まずは「いま、ここにいる」意味から考える。日常と非日常、またはその狭間で、作家はどのように世界と向き合い、「いま、ここにいる」ことの意味を考えてきたのか。34,000点を超えるコレクションから、平成期を代表する9名の写真家の作品を焦点に当て、主に平成年代に製作された作品が紹介されます。

会期:2017年5月13日〜7月9日
会場:東京都写真美術館 3階展示室

詳しく読む

戦後ドイツの映画ポスター展

第二次世界大戦の終結後、政治的対立により東西二つに分断されたドイツは、1990年に統一されるまでの間、冷戦の最前線にあって映画界も別々の道を歩む。映画製作が息を吹き返すとともにアメリカや西欧の他の国々の映画が盛んに輸入された西ドイツと、国営会社DEFAによって独自の社会主義的な映画文化が生まれた東ドイツ。1950年代後半から1990年までに制作された85点(西ドイツ45点+東ドイツ40点)の映画ポスターを通じて、"鉄のカーテン"の両側で花開いた二つのグラフィズムを紹介します。

会期:2017年4月19日〜2017年6月11日
会場:京都国立近代美術館 コレクション・ギャラリー4F

詳しく読む

フィンランド独立100周年記念 フィンランド・デザイン展

フィンランド独立100周年を記念し、フィンランド・デザインを紹介する展覧会が開催。フィンランドの巨匠アルヴァ・アアルト(1898−1976年)やカイ・フランク(1911−1989年)をはじめ、創造の源として「自然と人間との調和」に重きを置いて、シンプルかつ明るいデザイン作品を生み出してきたフィンランドのデザイナーたちを紹介。独立以前の装飾芸術から現在までの100年に及ぶフィンランド・デザインを6つのセクションに分け、デザイナーを支え育ててきた企業や各時代の主要なデザイナーの作品が展示されます。

会期:2017年04月07日〜2017年05月28日
会場:愛知県美術館 [愛知芸術文化センター10階]

詳しく読む

GENETO -「THE WALL」展

都市、建築、プロダクト、アート作品などジャンルに囚われない活動を行なっている、建築家ユニットGENETOの「THE WALL」展。壁の配置により大小様々な空間をつくりだし、そこに生活のワンシーンを描きだすインスタレーションでは四季によって空間構成が変化し、訪れるたびに違った体験が待ち受けています。 古来より生活のエレメントであった“壁”の新たな可能性を見出そうと試みた作品をご紹介します。

会期:2017年02月18日〜2018年02月16日
会場:DIESEL ART GALLERY

詳しく読む

ページのトップに戻る

ADF

お問い合わせ 会員登録はこちら

特定非営利法人 青山デザイン・フォーラム
掲載の情報・画像等すべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます

Copyright(c) Since 2010 ADF. All rights reserved.